カール・ヒルティーの幸福論に思う

投稿日:2016年3月22日 更新日:

弊社の理念は「幸福創造カンパニー」だ。
もともとは「幸福追求カンパニー」だったが、
これでは自分の外に幸福があるのを探すのが人生になる。

あるとき、外にあるのでなく中にあることに気づき、
自ら創りだすことだと「幸福創造」に変えた経緯がある。

その後、東洋的なモノの見方で自ら創りだす心を創るには、
慧能大観の「本来無一物、無尽蔵」と言う言葉に共感し、
自らも無一物になりきるのだが、仲間とも一体感が重要と考えベクトルを共有してきた。

西洋的なキリストの世界観とは相容れないと思い込んでいたが、
京都大学名誉教授の奥田昌道さんのヒルティーの幸福論の解説に共感した次第だ。

「ヒルティーは決して、人生を手放しで明るいなんて考えていなかった。
困難な人生と言うことを前提としながら、神と共にあるということによって、
喜ばしい魂に変えられていくことを説いています。
「マタイ福音書」の言葉を引いて、
『先ず神の国と神の義とを求めなさい。そうすればこれらのものはすべて添えて与えられる』
神様の御心に従った生活をしていれば、幸福はひとりでによってくる。
それが神からの祝福であり、神の保証した幸福なんだ。」

つまり、幸福そのものを追求したら、結局は人間のエゴを満たすことだけになって、
それに縛られて不自由になってしまう。
奥田教授はヒルティーの言いたかったことをこのようにまとめられた。

東洋的には『本来無一物』とは人間は0(無我)になることを説く。
ヒルティーは逆に現実から意味ない人生になると説くのである。
モノや地位や金といった物質を求めることは、人間のエゴを満たすだけのことだと言い切ってる。

最も重要なことは行動の『意味』だ。

この行動の主人が『エゴ』か『利他』か「0」(無我)か問われる。
われわれ凡人は神父でも禅師でもなく、
世の中の欲望の中で生きてるから『利他』一番にすることだ。
時々『0』の人を見ることがある。
しかし、その人に感じるのは現実の欲望の中(世間)を生き抜き、新しく切り開くのでなく、
自分ひとりが『悟ってる』と現実の中に飛び込まない傍観者の虚無主義者が多い。

行動の意味がモノや金に振り回されなく、
エゴを離れ自分の心がその意味に納得し腑に落ちれば、
今ここがすべて「幸福でり、幸福創造できる」心の持ち方を獲得したことになる。
ヒルティーはこういいたかったのではなかろうか?

皆さんは『幸福』を何に求めていますか?

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

no image

2020/09/04

「傲慢と高慢」に思う

稲盛語録に「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」 新しいことをするには「こうありたい」と夢と希望をもって超 ...

no image

2020/09/03

「世界のパワーシフト」

世界経済はコロナウイルスによって、新しい局面を迎え、大きく変貌せざるを得ないのが実情だ。 まずは消費の在り方だ。 三蜜を ...

-生き方
-