不立文字 経外別伝

投稿日:2016年3月17日 更新日:

「不立文字 経外別伝」は禅語だ。
恩師小田切がよく言った言葉を最近つくづく考えるようになった。
一月に一回講義に来ていただき20数年学んだ。
「般若心経」「黄檗伝心法要」「臨済録」など学んだが、
若すぎて文字の意味ばかり追いかけていた。

頭の中で言葉だけで知ってる理想論者になって知識だけがある。
言葉の意味を知るので精一杯だった。

小田切先生は「経外別伝 不立文字」と言い出す。
「文字ばかり追っかけても「物知り」になるだけだ。」

「分別知(二元論)を離れろ!」

さっぱり解りません。

道元は「只管打座」と言って、ひたすら坐れ、
善いことを文字として口にするのは理想を目指すとことだが、
実際に実行するか実行しないかはあやふやだ。
そんな言葉や文字を信じ、経典をいくら読んでも意味を成さない。

ただひたすら座して「座禅」する行動だ。
これが正法だというのだ。

小田切先生からは臨済禅の話をよく聞いていたので、
形式を重んじる黙照禅だと思い込んでいた。

とんでもないことに気づいた。
道元は「心身一如であるが、身体的な威儀・作法を身につければ、
心も自ずとそれに従って改まりよくなるものである。」と断言する。

まずは、「身をもって」と言い切る。
しかし、「正法眼蔵」では言葉でも表現できると書き記しているのである。
「不立文字」とは矛盾するというのが常識人の私だ。

道元にとって全く矛盾せず、解き明かしているのである。
(この解説は実際座禅するか、参考本で)

道元は晩年「出家主義」に傾いていくのは、
世間の分別から出れば解るといいたかったのでしょう。

「不立文字」の学びとして自分の身を「「正身端座」美しく
優先順位一番にすることが重要度だ。

皆さんは不立文字いかが考えられますか?

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

no image

2020/09/04

「傲慢と高慢」に思う

稲盛語録に「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」 新しいことをするには「こうありたい」と夢と希望をもって超 ...

no image

2020/09/03

「世界のパワーシフト」

世界経済はコロナウイルスによって、新しい局面を迎え、大きく変貌せざるを得ないのが実情だ。 まずは消費の在り方だ。 三蜜を ...

-生き方
-