人生の目的は魂を磨く事

投稿日:2016年12月27日 更新日:

京セラの稲盛さんは「欲に迷うのが人間の性、放っておけば、
際限なく財産や地位、名誉をほしがり、快楽に溺れかねない。
しかし、こういうものはあの世へ持ち越せない。」

そんな中でたった一つ亡びないのが「魂」だといわれる。
この魂は現実の中で苦楽を味わいながら一生懸命生きて、
生まれたときより少しでもましな人間になることだと断言される。

欲望や怒りという悪しき思いをできるだけ抑え、
「世のため人のために」良きことを思い努力を積み重ねることが持続可能な成長発展だそうだ。

そのために、集団の統治は「王道」で、力ずくの「覇道」ではだめで、
古来王道の徳治には三つの徳からなる。
1.仁(他を慈しむ)
2.義(道理にかなう)
3.礼(礼節をわきまえる)
王道を1924年に神戸に降り立った中国の革命家孫文が講演で日本に問いかけたが、
日増しに帝国主義化する日本は覇道を選び戦争に突入していった歴史がある。

欧米の多くの企業や昨今の成果主義の日本の企業も資本の論理で、
権力による人事権で従業員を管理したり、
金銭のインセンティブで人間の欲望を操る覇道の経営が横行してる。

今こそ、資本の奴隷という経営から人間が中心の経営に舵を切る時期がきてる。
心を高め自らの魂を磨く事で経営を持続的に成長発展させる覚悟がいる。

この目的は生きてる限り持ち続けられる目的だ。

「健体康心」という比喩で考えると、
筋肉運動して「身体の体格」を強化するために運動やサプリメントなどを使っているが、
一番は眼に見えない康心の「心の体質」を高め磨くことで、結果体格管理もできるのである。

王道の経営ができるかは現実の問題だが、
自らの魂のレベルがどこまで磨けているかによる結果で決まる。
どこまで磨けるか解らないが末来の時間が楽しみである。

皆さんの人生の目的はなんですか?

no image

2021/01/13

「幽霊」の話とコロナウイルスのメッセージ

なぜ冬には幽霊の話が出ないのかと考えると、冬より夏の暑い時に恐怖と不安で身体が凍り付くような感じを味わうためだ。「ひやー ...

no image

2021/01/12

「中道主義」を貫き至誠を

心は外からの刺激に動くし、内からの決めつけにも動くのである。コロナウイルスという天災(人災という人もいる)が世界中を覆っ ...

no image

2021/01/09

「物のモノサシ、心のモノサシ」を教えるコロナウイルス

コロナウイルスが教えているのは一体何かを問えば、私たち一人一人の心のモノサシではないかと感じている。 モノを計ったりする ...

no image

2021/01/08

「習慣は第二の天性」安岡正篤に学ぶ

人間には四つの要素がある。徳性と知能(情報)、技能及び習慣である。徳性が本質で、知能や技能はいくら有用・有意義でも属性的 ...

no image

2021/01/06

「道元の覚悟」に思う

道元は実に面白い。 なぜ人間には仏があるというのに修行するのかが大疑問で、自分の師匠が病気にもかかわらず、比叡山を飛び出 ...

-生き方
-