虫眼鏡と電熱器

投稿日:

私たちは自分の五感を通じて、
特に現実を一点に絞って光を当て虫眼鏡でみている。
それも電子顕微鏡でミクロの世界を観察し、
ある法則性を見つけ出そうとする。

実は外の世界を分析して、
なにかに応用して生活に生かして科学が発展してきました。
でも現実からスタートする科学では解けないところまで来ているのが事実だ。
最近のベストセラーに「時間は存在しない」という物理学者の本が読まれている。

さて、私たちは現実を見るのにもう一つの道具を持っている。
それは、電熱器として現実をとらえる方法だ。

身体全体で体得する方法です。
自らは周りをあったかくする情熱で現実に飛び込む方法を言うのだ。

言い換えると人間を主体にするのでなく、事物を主体にする方法で感じ取る。
仏教的に言うと「色即是空」というのが「時間は存在しない」となるでしょう。
逆に「空即是色」は時間は早くなったり遅くなったり、
消えたりする現象は一つでないことを解き明かす。

チクタクの時間は人間が勝手に決めた時間ということになりますね。
光の速度は一秒で地球7周半だそうです。
もしその速度と同じ状態のものがあるとすると時間は止まって見えることになる。
光の速度に近いほどゆっくり感じるのが時間です。
そして恋すると時間は早く経つ。

いよいよこんがらがってきましたが、仏教では「物心一如」と表現しますが、
一般に矛盾して相対的に分けるものが一つのものだと諭すのだ。
これが現実であり本質だ。
だから分別知を嫌って、無分別知を獲得せよというのですね。

言い換えると「無心」になる「無我」になる事だ。
「無我夢中」になってるときの時間は早く感じませんか?
電熱器の自分とは利他行一番の自分になることですね。
稲盛さん流に言いますと「動機善私心なかりし」で仕事・人生に邁進する。
誰にも負けない努力をすることが思いを遂げる唯一のスタンスというのである。

皆さんは電熱器の自分を意識していますか?

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

no image

2020/09/04

「傲慢と高慢」に思う

稲盛語録に「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」 新しいことをするには「こうありたい」と夢と希望をもって超 ...

no image

2020/09/03

「世界のパワーシフト」

世界経済はコロナウイルスによって、新しい局面を迎え、大きく変貌せざるを得ないのが実情だ。 まずは消費の在り方だ。 三蜜を ...

-生き方
-