「ミレニアム世代の台頭」情報化社会

投稿日:

世界ではGAFA、マイクロソフトが10年で6倍の17兆円(1600億ドル)
と言う高収益を上げている。
新しい「新独占」の時代がやってきた。

政治の世界を見ると「不安」からヨーロッパでは大衆迎合主義、
アメリカではアメリカンファーストというエゴイズムが支持されている。
共感や寛容の精神は失われているのである。
民主主義はどこへ行くのだろうか?
こんなことが頭に浮かぶ、経済的にはシェアーエコノミーが台頭し、
カーシェアリング、シェアーハウス、メルカリのような個人取引が盛んになり、
高収入や出世といった価値観から、真逆の価値観の心の満足や精神的価値、
旅をして、自己存在を楽しむという方向のミレニアム世代が台頭する。
要するに欲望がモノから感情へ変わってきた。

恩師小田切先生は「意気色空を貫く」とよくおっしゃっていた。
まさに,「意」の世界は人間界の個人的な価値で、みんな違った個性がある。
これを強く持つと「頑固」ものと揶揄される利己主義者となる。
これでは社会で協調して生きていけないのは誰もが承知してる。

そこで、「気」の世界を磨くことが要求される。
「病は気から」という言葉があるように、
気を整えることが幸せも健康も成功も手に入れられるのである。
「気」は無我になること、「意」は我を持つことだ。

「気」を高めるにはどうすればいいか具体性が必要だが手段や、方法でなく、
現実に向き合う姿勢のことである。
これを習慣化することが重要な時代になってきてる。
現実絶対肯定の姿勢(100%現実受け入れる)
現実絶対積極の姿勢(消極、極と分別せず事実に立ち向かう姿勢)

より具体的に書くと、
1、すべてが自分が選択したという自覚を持つ
2、何を言われても、謙虚に受け入れ対応する
3、自分に都合の悪いことも受け入れチャンスにする姿勢
4、自分と他人が喜べる姿勢を持つ(自利利他)
5、今できることを今やる
6、何事も楽しくするにはどうするか創意工夫する
7、人生の目標や夢を強く強く思う
8、プラス言葉で思考する
9、自分を見つめ自問自答する時間を持つ(坐禅の呼吸法)
10、常に可能性に挑戦する。
この逆をやると気は下がって元気がなくなる。
ただ、それだけだが、実行するかしないかで。
人生は大きく変わることは間違いなしだ。
「意」を普遍にすれば「気」がいつも振れ精神的病になる。
本来は「意」は変化するが、「気」を一定にすることを心がけることが大事だ。
世の中の「意」は大きく変化してることだけはしっかり見ておきたい。

皆さんは「気」をコントロールできてますか?気分で行動してますか?

no image

2020/04/08

マスクを独り占めする人

テレビの緊急事態宣言を見ていて、 娘が「この状況で不安になって自分が真っ先にマスクを買い占める行動をする」 利己的な行動 ...

no image

2020/04/06

「善良な人間」に思う

慈恵医大の精神科の森田先生が語られたというレポートに書かれていたので紹介する。 宇宙の現象はすべて発動力と抑止力とが常に ...

no image

2020/04/06

「生活と感情」を一にする仕事集団目指して

家に帰ると何かほっとする。 家内の味に慣れ親しんだ食事が出て、 いつもの場所に座って、みんなの健康を喜び、 知り合いの人 ...

no image

2020/03/22

「渋沢栄一の論語講義」に学ぶ

ドラッカーの経営学が社会学にまで高められたのは、 儒教をベースにした観点であり、 日本で、その代表格の人物は渋沢栄一だと ...

no image

2020/03/20

「災難に逢うときは災難に逢うがよろしかろ」良寛

世界中がコロナ感染症に対していろんな手を打っているのは実情だ。 個人として感染を広げないためには、 自宅で自粛して大勢が ...

-
-