「生活信条」妙心寺派興福寺

投稿日:

過日、西村恵心先生に教えていただいた生活信条三カ条を紹介します。
1、一日一度は静かに坐って,身体と呼吸と心を調えましょう。
2、人間の尊さに目覚め、自分の生活も他人の生活も大切にしましょう。
3、生かされている自分を感謝し、報恩の行を積みましょう。

毎日の習慣にすることだと教えられたがやっていない。
ここで一番大事なのは心も体も元気になるのはやはり呼吸である。
呼吸は吸うのは3秒、吐くのが7秒というロングブレス法というのがある。
もちろん、丹田に気を集中して筋肉も鍛えるという方法だ。
これを続けると、血圧や血糖値さらに脳梗塞で欠損した神経の周りに、
バイパスを作って命令系統を修復することが証明されている。
要するに吐くことが長いので脳は酸欠になる。
だから必然的に脳は酸素を取り入れるために頑張ると血流がよくなり、
脳が活性化するのである。

坐禅は昔の健康法でもあったのが、
人間の心の姿勢(価値観)の転換までを極めることになった。

さて、呼吸ができ健康を得れば「姿と相」を磨く。
「姿」と言っても他人の目を気にする「衣装や化粧」の事ではない。
礼節をもって義を重んじる立ち居振る舞いであり、
呼吸も整い背筋を天に突き刺すような姿勢だ。
「相」とは学びと体験から得られる心の姿であり、利他行を優先する心だ。
これは日常生活でもわかる。
電車で席を譲る振る舞い、他人の悪口を言わない、他人を中傷誹謗しない、
愚痴を言わないといった言動に現れる。

坐禅は人間の身体と心を健体康心にする方法として伝承されてきたのである。

皆さんの生活信条はどうされてますか?

大阪石材社長ブログ

2021/06/14

「人間の存在」について

人間は肉体という現実的に有限な物質と、思考する精神を軸に動く心の二つを持つ矛盾した存在だ。弁証法では「原因=対立物の相互 ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/14

「時代が求める人材」について

NHKで渋沢栄一が主人公の大河ドラマが放送されている。昨年来のコロナ禍という災難に見舞われ、体験したことのない解決が迫ら ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/06

「病は気から」

風邪にかかると熱が出て寒気がして咳が出る。すると、母親は布団を敷いて、頭に冷たい手ぬぐいを当ててくれる。それだけではなく ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/05

「仕事とは何か」について

「仕事とは万病に効く薬」と表現されるのは稲盛和夫さんだ。それは、人間の肉体的な満足感・達成感と同時に精神的な充実感の両方 ...

大阪石材社長ブログ

2021/05/31

「独立」と「孤立」について

「独立」とは正しい自覚を持つことであり、最も尊い。では正しい自覚とは何かというと「人間は矛盾した存在である」「人間は不完 ...

-生き方
-