キリスト教の創世記から「働く意味」

投稿日:2018年6月14日 更新日:

人間はエデン(喜び、楽しみ)の園で暮らしていました。
ところが、「善悪を知る木」を食べてはいけないといわれていたにもかかわらず、
実を食べます。

神が定めた掟を破って自由意志によって人間が自立することを意味する。
それは子供が自我に目覚め、親の言いつけにそむいて自分の意志で行動するのと似ている。
自立へ一歩踏み出す勇気を持ったのだと解釈されるのが現代だ。

ところが神(親)としっかり向き合わないで、女の責任や蛇の責任に転嫁してきます。
神にしっかり向き合わなかった人間は追放されるのです。
そこで罰が与えられる。
女には産む苦しみ、男には額に汗して働き、食べ物を得る苦労が与えられると書かれている。

中世以来、この追放の話は神への反逆した人間に与えられたと解釈されてきた。
創世記2章15節によれば、「そこを耕し、守る」ことが命じられている。
人間はエデンの園で働いていた。

中世は神が支配した時代であったが、
ルネサンスを契機に人間は自分の意志で自立する道を択んだのである。

自立した。
しかし、未熟な理性のよって支配したがあまりにも嬉しくなり、
自然そのものを破壊する結果になった。

その意味から、自立した人間はエデンにいたときのように、
自然に仕える「働き」をすることだと自覚すると言う解釈をする。

「そこを耕し守る」ことが働く意味で、自然を育てる積極的な自立精神に捕らえる。
日本では「働く」の意味は周り(他)の人を楽しくするといわれ、利他行的に捕らえる。

一神教である世界も汎神教(八百万の神)の日本も、
人間が働く価値を前向きに捕らえることは間違いない。

皆さんは現代のキリスト教の解釈いかが思われますか?

no image

2020/09/22

「心を動かす」から感動する。

仕事通じて学ぶことがいっぱいある。仕事を創造していくことが楽しい。仕事を発展させることは同時に自己の成長に繋がるからだ。 ...

no image

2020/09/20

「意気色空を貫く」に思う

この言葉は友人の結婚式の寄せ書きに恩師の小田切先生が書かれた言葉だ。 当時は29歳で全く意味が解らなかった。「意」とは意 ...

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

-仕事
-