一円融合

投稿日:2018年6月24日 更新日:

一円融合という言葉は二宮尊徳の言葉だ。
藩の財政改革のために、農業改革し開墾地を耕したり、
あぜ道に粟、稗を植えたりして収穫を増やし、質素倹約で勤勉にやっていた。

まずは、新田開発は心田を耕す事だと、荒廃しきった心を耕す事に着手する。
勿論、「こんなことしてなんになる」と反対者がでる始末、
心が折れて藩に辞退を願い出るが受け取られず。

45~6歳になっていたがお寺に修行に行く、村人が迎えに行き、再挑戦になる。
このときに尊徳は「一円融合」ということを深く思い至ったのである。

反対する人には反対の理由があるのだと、
自分を絶対化せず、互いが必要なんだと信念する。

それは、植物は水、湿度、土、養分、炭酸ガスなどが相補に働きあって、
一体となって結果を生み出している。
だから、すべては反対者もいて「一円」であるというのだ。

反対者を謗ったり、戦ったりする事はない。
ただひたすら「至誠」を尽くす事だと、楽観的に考えるのである。

いくつか尊徳の言葉をあげてみる。

1.「世の中は智慧があっても、学があっても、至誠と実行がなければ、事はならない。」
2.「善悪といっても、天が決めたものでなく、結局人間にとって便利かどうかだけの話である」
3.「善悪はもと一円である」
4.「貧者は昨日のために今日つとめ、去年のために今年をつとめる。
それゆえに、終身苦しんで、その甲斐がない。」
5.「富者は明日のために今日つとめ、来年のために今年をつとめるから、
人生を自由自在にあやつり楽しみ、することなすことみな上手く行く」

「打つこころあれば打たるる世の中よ、打たぬ心の打たるるは無し」
この心境は善悪を俯瞰するところにあり、他人を責めない、怒らないのだ。

この心境は幕末の西郷隆盛の「敬天愛人」を思い出した。
「敬を身に置いて、意を誠にす」(明道先生・儒者)
天はみんなに恵みを与え、不自立な自分にも、だから敬がなければならない、
敬うとは謹む事だというのである。

そんな不自立な自分を理解してくれるなら、等しく人を愛する事だ。
どんなに違っても自分の不徳の致すところと反省し、「至誠通天」の覚悟で行動する。
どんな艱難にあっても「義」を貫き、後は「天」に任せる。

易経では太極というのである。
陽は天(太陽)で陽気に暮らす=男性的
陰は土(地)で善悪をのみこむ=女性的
と表現する。

皆さんは日頃の暮らしで一円融合してる事お気づきですか?

no image

2020/09/22

「心を動かす」から感動する。

仕事通じて学ぶことがいっぱいある。仕事を創造していくことが楽しい。仕事を発展させることは同時に自己の成長に繋がるからだ。 ...

no image

2020/09/20

「意気色空を貫く」に思う

この言葉は友人の結婚式の寄せ書きに恩師の小田切先生が書かれた言葉だ。 当時は29歳で全く意味が解らなかった。「意」とは意 ...

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

-生き方
-