仕事・人生の戦略

投稿日:2017年12月9日 更新日:

石材事業を起こして、二つ疑問に思ったことがある。
1.価格はどうして決まるかであるか。
2.企業は資本主義化において「競争と信用」がなけれなならず、「利潤追求」が目的か。

1.この疑問に100%の答えとは思っていないが、
マルクスの投下労働価値と言って、
商品をつくるのに原材料費、設備の償却費それに労働力などのかかった    
費用を産出して、そこに利潤を足すいう考え方と、
もう一つは市場の供給量と需要量の差で、需要が多く供給が少ないと高くなり,逆だと安くなる。
2.利潤追求が目的だとしたら単なるお金好きの守銭道である。
ドラッカーの言うように社会貢献が一番と考える根拠を以下の人たちに学ぶ。

それにはどうしても仕事と人生が一体のものと考えるのが妥当だ。

元京都大学の総長・平澤 興先生は
「修養と人生、仕事と人生は一つのものである。
人生をはなれた修養はない。
また仕事をはなれて人生はない。」

ロダンは
「仕事は生活の方便ではない。生活の目的であり、
働く事が人生の価値であり、人生の歓喜である。」

この両人が言ってることが心から腑に落ちた。

仕事をするには経済的な事が絡まり、利潤がなければ再生産もできないのは事実だ。
しかし、それは手段であり目的ではない。
仕事と人生が一体なら、
1.競争(現象)ではなく、生き方である。
2.信用(ルール約束守る)でなく、三方よし、フェアプレイで良心を基準に照らす事だ。

仏教的な表現をすれば「色即是空・空即是色」だ。
色(現象)=結果、競争と信用に見える。
空(本質)=原因、利他行(社会貢献・他人を幸福に)して、
困難や難解なことを体当りで独自の道を創造する事だ。

現象は唯物論で説明できるが、自分という主人公が現実に飛び込むとしたら、(色即是空)
自分の内なる情熱が原因で結果の現象を生むという唯心論がいる。(空即是色)

さて目的達成には戦略と戦術がいる。
戦略とは「相手を負かす事でなく、自分を強くする事である。」
イチローは「やらされてる百発よりやる気の一発」と表現する。
確かに、隣の人と比較したり、競争する事もあるが、
長い眼で見れば自分に似合い、自分の得意とする独自の戦略を編み出す事である。

仕事・人生は一体であるがゆえに、
戦略とは「勝つこと」でなく、「どう生きるか」である。
戦術は具体的な方法で体も頭も心も動かすHOW TOをいう。。

生き生き生きるとは過去からの因縁に束縛される事でなく、
末来が開放的で希望で満ちているオープンマインドで空っぽにする事だ。

みなさんは仕事人生の戦略どのように考えられていますか?

no image

2020/10/27

「気」について思う

「気」とはエネルギーであることには間違いないが、古代中国では三種類想定されていた。 其の三種類は進化する「精気、気、神」 ...

no image

2020/10/23

「命と人生」

心臓は誰が動かしているのかと考えた時、自分の意思ではないことが解る。 内臓をつかさどっているのは自律神経だ。これには交感 ...

no image

2020/10/20

「社会変革」と「自己変革」について

いまや科学は宇宙へ行ける能力を持つにいたって、宇宙の空間で宇宙のステーションを創り人間が生活している。 マルクスは何のた ...

no image

2020/10/20

「坐禅をして仏になる?」

坐禅をして悟りを得ようと馬祖道一は修行に励んでいたところ、南嶽懐譲禅師(六祖慧能大観の弟子)が、ある日瓦をごしごしと磨き ...

no image

2020/10/19

「製品中心の時代から人間中心の時代へ」

ブロックチェーンによる仮想通貨が考えられるようになったのはネットが普及して、 誰もがどこでもいつでも情報の受発信ができる ...

-仕事
-