「意識」は害にもなる

投稿日:2017年12月3日 更新日:

今朝新聞を読んでいたら「意識は害になる」という言葉が飛び込んできた。

養老猛司さんが書き下ろした「遺言」という本のポイントが書かれていた。
「意識」とは目や耳などを東して受ける感覚に対してそこに「同じもの」を見つけ、
意味に変換し、秩序を与える。

都市で暮らす人間は「感覚入力を一定に限ってしまい、意味しか扱わず、意識の世界に
住み着く」
人間の子供にとっては経済的でも効率的でも合理的でもないものだから意識が邪魔になる。
そのしっぺ返しで子供が減っているのであろうというのである。

動物は感覚をつかって生きる。リアルな存在だ。
団塊の世代ではしょっちゅう山登りする。
若者も森に行くためのSUV車に乗る。
本能的に「意識」に害されてるからのバランス行動であるに違いない。

この文章を読んでいて「老子」の言葉を思い出した。
「知足不辱 知止不殆」
意味=足るを知ると辱めを受けない、止ることを知っていれば危険を免れる。
(意識を自分で外しコントロールする事こそ静かさと平安を得れると諭す)

誰でも地位とお金と自分の身体のどちらが大事か?と問われたら、
必ず「身体」が大事だと答える。

次に身体の中で頭と腹どちらが大事かと問われたら、
都会に住んでいる人は一応に「頭」と答えるであろう。

養老先生によると「頭」は意識を作り、意味を問う交感神経が働くのである。
だから「考えすぎ」は不安を呼び込み恐怖心を産みストレスを作り出すことになるのである。

「腹」と答える人は全体の身体を整える副交感神経を使う事を知ってる。
感情を養うセンターでもあるからバランスが取れた身体になると同時に胆力もできる。

2500年前の老子の無為自然とは意識で身体を引っ張りすぎるなと警告する。
足るを知らなければもっとほしいもっとほしいと欲望が肥大し我利我利亡者となる。
意識で引っ張る欲望の列車のように、さらに早く走ろうとして、
自らの身体を壊し、意識が有益にならず害となるのである。

禅は「止ること」を教え、雑念に振り回されず自らの命が躍動する良い方法を教えてる。
竜安寺の庭のつくばいに「吾唯足知」とかかれている。

no image

2020/10/27

「気」について思う

「気」とはエネルギーであることには間違いないが、古代中国では三種類想定されていた。 其の三種類は進化する「精気、気、神」 ...

no image

2020/10/23

「命と人生」

心臓は誰が動かしているのかと考えた時、自分の意思ではないことが解る。 内臓をつかさどっているのは自律神経だ。これには交感 ...

no image

2020/10/20

「社会変革」と「自己変革」について

いまや科学は宇宙へ行ける能力を持つにいたって、宇宙の空間で宇宙のステーションを創り人間が生活している。 マルクスは何のた ...

no image

2020/10/20

「坐禅をして仏になる?」

坐禅をして悟りを得ようと馬祖道一は修行に励んでいたところ、南嶽懐譲禅師(六祖慧能大観の弟子)が、ある日瓦をごしごしと磨き ...

no image

2020/10/19

「製品中心の時代から人間中心の時代へ」

ブロックチェーンによる仮想通貨が考えられるようになったのはネットが普及して、 誰もがどこでもいつでも情報の受発信ができる ...

-生き方
-