仕事を考える

投稿日:

「仕事」は事に仕えるといいますが、少し受け身な感じがする。
だから、事に仕かけるという積極的で主体的にする。

「仕事」は自己実現の道具であるともいえる。
「仕事」は世のため人のためになる。
「仕事」は思考を深くする。
   出来事思考からプロセス思考、全体思考へと進化する。
「仕事」は疑心によってコストを生産し、信用はコストを低減させ、
   共感は等価交換の価値を超える非等価交換の価値をもたらす。
「仕事」の利益は存続に条件であるが、事業の意思決定や根拠ではない。
   社会生活の充実と人間の成長の両面に寄与し、世界の平和と安寧をもたらす。
「仕事」は信用をベースに調和を目指し切磋琢磨することだ。
「仕事」は継続させることで平凡を非凡に変える。
「仕事」は特別なことをするために特別なことをするのではない。
   特別なことをするために普段通り当たり前のことをする。
「仕事」は天人合一を教えてくれる。
   鳥も魚も道に従っている、たった一つ人間だけが従わない。
   流転と変化に抵抗する。
   変化を恐れるあまり将来性のない職を抜け出せない。
   天賦の才の理性でそうなる。
   論理のつじつまが合うことが正しいと思い込んでいるからだ。

最後に、「人格」は、持って生まれた先天的な性格に、
人生の過程で学び、身に着けた後天性の「哲学」を加えて陶冶したものだ。
どのような哲学で人生を歩むかによって、人格は決定づけられる。
大いに自分のフィロソフィーを磨くことだと、仕事を通じて学んだ。

皆さんは仕事についてどう考えられていますか?

大阪石材社長ブログ

2021/05/05

「ポスト資本主義」はどう進化していくか問われている

新型コロナウイルスの変異株が早いスピードで感染拡大して、3度目の緊急事態宣言が東京・大阪・兵庫・京都の4都府県に出されて ...

大阪石材社長ブログ

2021/05/03

「苦を楽に転悟する」のが仏陀の言いたいこと

何のために働くのか?普通は「生活するためだ」と答えるが、最近の若い人は「やりがいを持ちたい」と言う。やりがいは仕事にある ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/29

「全肯定の人生観」に思う

人間は生まれた時には無知無明で恐怖と不安だけがある。母親を頼りに乳をもらい、外敵から守ってもらわなければ生きられない。外 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/28

「文化力の時代」がやってきた

今、世界は資本主義圏と共産主義圏の覇権を巡っての対立で、武力をちらつかせながら抑止しているのが現状だ。アメリカがウイグル ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/27

「仁義」について

「書経」には東洋的なリーダーシップ論が書かれている。政治でも事業でも根本は人間の信頼関係ができなければ円滑に運営ができな ...

-仕事
-