仕事を考える

投稿日:

「仕事」は事に仕えるといいますが、少し受け身な感じがする。
だから、事に仕かけるという積極的で主体的にする。

「仕事」は自己実現の道具であるともいえる。
「仕事」は世のため人のためになる。
「仕事」は思考を深くする。
   出来事思考からプロセス思考、全体思考へと進化する。
「仕事」は疑心によってコストを生産し、信用はコストを低減させ、
   共感は等価交換の価値を超える非等価交換の価値をもたらす。
「仕事」の利益は存続に条件であるが、事業の意思決定や根拠ではない。
   社会生活の充実と人間の成長の両面に寄与し、世界の平和と安寧をもたらす。
「仕事」は信用をベースに調和を目指し切磋琢磨することだ。
「仕事」は継続させることで平凡を非凡に変える。
「仕事」は特別なことをするために特別なことをするのではない。
   特別なことをするために普段通り当たり前のことをする。
「仕事」は天人合一を教えてくれる。
   鳥も魚も道に従っている、たった一つ人間だけが従わない。
   流転と変化に抵抗する。
   変化を恐れるあまり将来性のない職を抜け出せない。
   天賦の才の理性でそうなる。
   論理のつじつまが合うことが正しいと思い込んでいるからだ。

最後に、「人格」は、持って生まれた先天的な性格に、
人生の過程で学び、身に着けた後天性の「哲学」を加えて陶冶したものだ。
どのような哲学で人生を歩むかによって、人格は決定づけられる。
大いに自分のフィロソフィーを磨くことだと、仕事を通じて学んだ。

皆さんは仕事についてどう考えられていますか?

no image

2020/07/06

言葉の裏に行動がある

「致知」8月号に西村恵信先生の対談が掲載されている。 先日、恩師のお墓参りで興福寺にいって先生と話したところだった。 鈴 ...

no image

2020/06/26

「生物学的幸福感」について

時間があれば本屋さんに行くことにしてる。読みはしないが今どんな本が出されているのかを眺めることで、 時流が解るというか、 ...

no image

2020/06/25

「天上天下 唯我独尊」「三界皆苦 吾当安此」

お釈迦さんが生まれて七歩歩いて行ったという言葉が「天上天下 唯我独尊 三界皆苦 吾当安此」である。 バラモン教が支配的だ ...

no image

2020/06/24

「自己変革」し続けることが会社を持続的に発展させる

石材業界は建築や墓石、記念碑に庭の仕事を入れても5000億市場である。 その市場も墓地不足といわれた時期から比べると半減 ...

no image

2020/06/22

日々新たに

今朝(6月21日朝)、少し早く起きたので5時から始まるNHKの「心の時代」を見た。 臨済宗妙心寺派の正眼寺の山川宗玄老師 ...

-仕事
-