欲道一如

投稿日:

仕事、人生を全うに行動し、
成果を得るには欲をどの割合でならいいのかと考えるのは、
相対的な分別知である。

仏教では「無分別」ということを自覚しろ、と言う。
ところが、仏教では自我を捨てろとか、私利私欲に溺れるなという表現が出てくる。
欲を出してはいけないと考えてしまう。

安岡正篤先生は、方向性だと諭されている。

「道徳とは、人間の小欲をしりぞけて大欲を全うすることだ。
欲を離れて道はない。
ただ、大志あって、コセコセした小欲に拘泥(こうでい)せぬだけだ。」

このように断言される。
凡人の我々は、同じ土俵の中で矛盾を比率で決めようとする。
大小でなく、平面でなく、立体で考えれば、
高さ(欲の方向性)という意味が理解できる。

これには強く強く「大志」を持つ意志がいる。
また自分の置かれてる環境や仲間を含めたすべてに感謝と愛を持つことが、
大志をさらに強固なものにするのである。

稲森和夫さんの経営フィロソフィーの中に「誰にも負けない努力」は時間の問題でなく、
自分の中の小欲に負けない意志を必要とする
具体的には日常行動の中で無意識に、
大志を果たしたいという思いを貫く行動習慣を創らねばならない。
そのためには自分の体に叩き込む誰にも負けない努力の行動がいることを意味する。

「大欲は非情に似たり」とも稲森さんは言っておられる。
自分に対して大欲で、他人を自立に導くのに対して非情になれるか、とも問いかけられている。

皆さんは、欲の強さは大欲で、方向性は大志ですか?

no image

2020/11/28

「奪い合うのか分かち合うのか」イデオロギーを超える

地球は大きく二つの勢力が闘い成長路線を歩んでいる。一つはアメリカ型の新自由主義とソ連型の国有化主義、さらには中国の様に一 ...

no image

2020/11/27

「自由主義」は自分を磨け羽ばたける社会

「武士道」を書いたのは新渡戸稲造だ。日本人の文化であり、人間形成の『道の精神』を世界に示そうとした書でもある。アメリカの ...

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

-生き方
-