道元に学ぶ

投稿日:2014年12月4日 更新日:

道元禅師のエピソードは数々ある。
如浄禅師との出会いの問答で、発心され『心身脱落』と喝破された。

要するに、人間という世界にとらわれ考えて、
善だ、悪だと相対して分別している自分を発見された。
(無分別知を知る)

心や身体を離れた自分もあるというのだ。
(現実は心身はあるのも事実だが、仏教では『我』は仮りの自分という意味)
当時、宗(今の中国)から帰って政治にもかかわるが途中で断念し、
如浄禅師の教え通り、山の奥に永平寺を建立し、
坐禅の普及に命をかけたのである。

面白いエピソードが伝えられている。
ある時、寺の近所で火事が起こり、
弟子の僧達はあわてて火を消すのに奔走していた。
道元禅師は『私は法を伝える使命がある』といって坐禅したままで一歩も動かなかった。
一念を貫かれた人の行動だ。

さて、『正法眼蔵随聞記』のなかで、
『示(じ)にいわく、仏々祖々、元は凡夫なり。凡夫の時は、必ずしも、
悪業もあり、悪心もあり、純もあり、痴もあり。
然れども、ことごとく改め手、知識(師)に従い、修行せしゆえに、
皆、仏祖となりしなり。
今の人もしかあるべし。
我が身愚かなればとて、卑下することなかれ。
今生に発心せずんば、いずれの時をか待ってか行道すべきや。
今強いて修せば、必ずしも道を得ベきなり』

意味=今、仏や祖師と仰がれてる人々も、元はといえば凡夫であったのだ。
そしてそういう方々も、凡夫だった間は、悪業も断ち切れず、
時にはよからぬ心にもなられ、また生まれつきからいっても、
鈍い人もあれば、愚かな人もなかったわけではない。
だが、それらの方々は皆心改めて、それぞれ立派なお師匠さんにつき、
真剣にその教えを聞いて実行されたので、みんな立派な仏祖として、
今日多くの人から仰がれるようになられたわけである。

それゆえ、現代の人もそうなくてはならぬわけである。
すなわち「自分がおろかだとか、純だからといって卑下してはいけない。
この世で発心しなかったら、一体いつ悟りが得れようか。
真剣に道を求めれば、必ず得られるものである。」

われわれ凡人はこの世の中を生き抜き、仕事をする中で、
少しでも体現できれば幸いだ。
この世を地獄にするも極楽にするも自分の心一つだ。
凡夫の私は心を積極意識全開で『今、ここ、自己』に徹しきり、
自らの行動に『私心がないか?」自問自答をする以外にない。

皆さんは道元の言葉如何味わいますか?

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

no image

2020/11/15

「東洋的な自由」

トランプ大統領が敗北宣言をしないのは「自由」に対しての考え方が法による自由だからである。 世界で初めて共和国を創ったのは ...

no image

2020/11/13

「中庸」と「中道」の違い

孔孟と言われるのが一般に儒教で老荘が道教だ。「中庸」は論語の雍也第六「子曰わく、中庸の徳たるや、其れ至れるかな。民鮮きこ ...

-生き方
-