競争と信用から調和と信頼の世界へ

投稿日:2014年11月21日 更新日:

日本の金融政策が影響して、世界は大きく揺れ動いている。
円の1ドル118円は7年ぶりだそうだが、円安傾向が止りません。

輸出企業は大変な利益が出ているが、
輸入に頼る食品や衣料は値上げせざるを得なくなってきている。
物価だけ上がり所得はついていかない状態でのインフレ誘導だ。

資本主義社会はイギリスを中心に1750年代頃の蒸気機関の発明により、
技術がどんどん開発されて発展し、多くの人を貧困から救ってきたのは間違いない。
しかし、一方では貧困で餓死する何千万の人がいることも世界の現実だ。

日本の中では情報の洪水の中で自分の心の主人になれず、
幼子を虐待し、死に至らしめる悲惨な出来事が報道され、
一方で物質豊かな文明なのに自殺者が三万人もいるのも現実だ。

成熟した日本の根本的な哲学を逆転させる時代が来てるように感じる。

私は事業しか知らないので、
経済的な側面から考えると『競争と信用』という価値観、
外に敵を設定して戦い術を磨き、信用を創ってきた従来の価値観を、
内に向かって(自分自身)『調和と信頼』を築き上げ創る価値観へ、
180度方向転換する勇気を持つことだと直感する。

健康とは『健体庚心』
身体が健康だったら心まで安らかになるでしょうか?
逆に心を安らかにできたら身体はおのずと健やかになる。

仏教では『衣食の中に道心なし、道心の中に衣食あり』と表現してる。
決して仏教修行者のように苦行をすることを良しとしてるのではありません。

私が伝えたいことは、
分の心のセンサーを内に向け反省する余裕を持ちすべてに感謝する心を創ることだ。

では、あなたは『できていますか?』と問われたら、
『できていません、できつつある途上だ』と答える。

自分の心の主人になることは誰でもできる。
固定観念を捨てれば気づく。

心には二つの主人がいる。
1.利己心で消極的な意識の自分
2.利他心で積極的意識の自分

この、二番の心の主人になることが『調和と信頼』ができる自分になる。
昔のことわざに『心こそ 心迷わす心なり 心に心許すまじき』

人は一緒になって学んだり、一緒になって体験する中で気づいていくのであり、
ともに学ぶ『心高め』人生を楽しく発展成長するようにできるのである。
仕事を通じお客さんを感動させる、この中に気づきがあることを確信する。

皆さんはどんな人と出会い、どんな学びしてますか?

大阪石材社長ブログ

2021/04/11

「楽天知命、故不憂」に思う

「楽天知命、故不憂」は『易経』の中にある一文だ。意味=天を楽しみ命を知る。故に憂いなし。『辞海』という辞書によると天と命 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/09

「知識労働者」こそ付加価値を産む

1969年の「断絶の時代」という著書の中でドラッカーは情報化社会の働き方が大きく変わることを予言していた。日本は1970 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/05

「母親の口癖」に思う

昭和20年代後半の私が幼稚園に行くまでは、少し悪いことをすると母親は「お父さんに言うよ」と言ったものだ。戦争帰りの親父は ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/03

「中道」に思う

「八不中道(はっぷちゅうどう)」という言葉が竜樹(りゅうじゅ)の「中論」にある。また「三論」にも書かれている。「中論」の ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/30

「寺子屋経営」の時代が来た

戦後の日本経済を振り返ってみると、昭和30年代後半頃から中学卒業と同時に集団就職で上京した「金の卵」と言われた若者たちは ...

-生き方
-