正解は無い、今日一日が丸儲け。

投稿日:2014年8月3日 更新日:

二宮尊徳さんの夜話39に、
『学問は活用を尊ぶ、
 万巻の書を読むといっても、
 活用しなければ用をなさない」

先日二宮尊徳さんの七代目の子孫の中桐万里子さんの話を聞いた。
二宮尊徳像は小学校の校門のところに今でもあるが、
手にしてるのは二千五百年前の『大学』という儒学書だ。

だからいつも本を読んでいた印象が強かったが、
中桐さんによると別の像があって、それは日記帳を手にしているそうだ。
活用できない学問よりも現場で『よく観察』することを第一義にしていたからだ。

勉強嫌いで本もまともに読まなく、
100点取れなかった学生時代を思い出すと納得がいく。
学び方も「正解の方程式」があると決め込んで学びとても苦痛だった。

また、生きることも儲かるなんてことはなく、損しないように苦しく考えていた。
要するに苦しかったのでなく、
損することを避けたり、失敗を嫌い自分で苦しみ作り出していただけだ。

尊徳さんの夜話10に、
『人とうまれ出た以上は
 必ず死ぬものと覚悟するときは、
 一日生きれば一日儲け
 一年生きれば一年の利益である』

この言葉には度肝抜かれましたね。

死なないと思ってるので、出し惜しみばかりしていた自分がいる。
モノも知恵も具体的な行動も、
一日しっかり生きて儲けた命
「一日儲けた」と考えたとたんに、
65年と270数日の儲けてた充実感がわいてきた。

いいことも悪いことも体験して知恵授けてもらった。
御釈迦さんも『惠智』と単なる技術論的な知恵と分けて、
苦しみから解放されるのに大事やとおっしゃってる。

皆さんは尊徳さん流の考え方どう思われますか?

no image

2020/07/06

言葉の裏に行動がある

「致知」8月号に西村恵信先生の対談が掲載されている。 先日、恩師のお墓参りで興福寺にいって先生と話したところだった。 鈴 ...

no image

2020/06/26

「生物学的幸福感」について

時間があれば本屋さんに行くことにしてる。読みはしないが今どんな本が出されているのかを眺めることで、 時流が解るというか、 ...

no image

2020/06/25

「天上天下 唯我独尊」「三界皆苦 吾当安此」

お釈迦さんが生まれて七歩歩いて行ったという言葉が「天上天下 唯我独尊 三界皆苦 吾当安此」である。 バラモン教が支配的だ ...

no image

2020/06/24

「自己変革」し続けることが会社を持続的に発展させる

石材業界は建築や墓石、記念碑に庭の仕事を入れても5000億市場である。 その市場も墓地不足といわれた時期から比べると半減 ...

no image

2020/06/22

日々新たに

今朝(6月21日朝)、少し早く起きたので5時から始まるNHKの「心の時代」を見た。 臨済宗妙心寺派の正眼寺の山川宗玄老師 ...

-生き方
-