正解は無い、今日一日が丸儲け。

投稿日:2014年8月3日 更新日:

二宮尊徳さんの夜話39に、
『学問は活用を尊ぶ、
 万巻の書を読むといっても、
 活用しなければ用をなさない」

先日二宮尊徳さんの七代目の子孫の中桐万里子さんの話を聞いた。
二宮尊徳像は小学校の校門のところに今でもあるが、
手にしてるのは二千五百年前の『大学』という儒学書だ。

だからいつも本を読んでいた印象が強かったが、
中桐さんによると別の像があって、それは日記帳を手にしているそうだ。
活用できない学問よりも現場で『よく観察』することを第一義にしていたからだ。

勉強嫌いで本もまともに読まなく、
100点取れなかった学生時代を思い出すと納得がいく。
学び方も「正解の方程式」があると決め込んで学びとても苦痛だった。

また、生きることも儲かるなんてことはなく、損しないように苦しく考えていた。
要するに苦しかったのでなく、
損することを避けたり、失敗を嫌い自分で苦しみ作り出していただけだ。

尊徳さんの夜話10に、
『人とうまれ出た以上は
 必ず死ぬものと覚悟するときは、
 一日生きれば一日儲け
 一年生きれば一年の利益である』

この言葉には度肝抜かれましたね。

死なないと思ってるので、出し惜しみばかりしていた自分がいる。
モノも知恵も具体的な行動も、
一日しっかり生きて儲けた命
「一日儲けた」と考えたとたんに、
65年と270数日の儲けてた充実感がわいてきた。

いいことも悪いことも体験して知恵授けてもらった。
御釈迦さんも『惠智』と単なる技術論的な知恵と分けて、
苦しみから解放されるのに大事やとおっしゃってる。

皆さんは尊徳さん流の考え方どう思われますか?

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

no image

2020/09/04

「傲慢と高慢」に思う

稲盛語録に「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」 新しいことをするには「こうありたい」と夢と希望をもって超 ...

no image

2020/09/03

「世界のパワーシフト」

世界経済はコロナウイルスによって、新しい局面を迎え、大きく変貌せざるを得ないのが実情だ。 まずは消費の在り方だ。 三蜜を ...

-生き方
-