楽しんでる人は『おろかで、怠け者で、欲張り』な自分を知ってる。

投稿日:2014年8月2日 更新日:

小林正観さんという人が、
『やる羽目になったことに対して
 文句を言わずに取り組む」
 と言うポジションに自分を持っていかない限り、
 楽しい仕事には出会わないでしょう。

ですから自分にとって心地のよい理想的な職場と言うのを求めるのでなく、
どんな職種や職場にも合わせられる人のほうが人生が楽になるでしょう。


私の親友に人間は『おろかで、怠け者で、欲張り』だと断言する人がいる。
彼は20代から、そう考えて精一杯楽しむ努力を三つ実践してる。
1.なんでも好奇心もって学ぶ
2.こつこつ努力を怠らず行動しものつくりを楽しむ
3.できるだけ食欲、物欲や色欲、名誉欲などは少なくする。
 『吾、唯足るを知る』
40年近く付き合ってるが、日々精進している。
私はその変わらぬ姿勢を尊敬している。

性悪説で人間は悪だと決め付けてるわけでもなく、
よりよい人生を送るには自分の行動規範が上記三つの方向を明確にし、
日々精進してるだけだ。
苦しんで行動してるより習慣になってるように察する。

苦しんでる人は顔が引きつって苦虫をかんだ顔してるが、
楽しんでる人は笑顔だ。
それは回りをも笑顔にする。

仕事も人生も職種、職業、人に合わせられる人になれば楽に違いない。

皆さんは楽しんでられますか?

no image

2020/07/06

言葉の裏に行動がある

「致知」8月号に西村恵信先生の対談が掲載されている。 先日、恩師のお墓参りで興福寺にいって先生と話したところだった。 鈴 ...

no image

2020/06/26

「生物学的幸福感」について

時間があれば本屋さんに行くことにしてる。読みはしないが今どんな本が出されているのかを眺めることで、 時流が解るというか、 ...

no image

2020/06/25

「天上天下 唯我独尊」「三界皆苦 吾当安此」

お釈迦さんが生まれて七歩歩いて行ったという言葉が「天上天下 唯我独尊 三界皆苦 吾当安此」である。 バラモン教が支配的だ ...

no image

2020/06/24

「自己変革」し続けることが会社を持続的に発展させる

石材業界は建築や墓石、記念碑に庭の仕事を入れても5000億市場である。 その市場も墓地不足といわれた時期から比べると半減 ...

no image

2020/06/22

日々新たに

今朝(6月21日朝)、少し早く起きたので5時から始まるNHKの「心の時代」を見た。 臨済宗妙心寺派の正眼寺の山川宗玄老師 ...

-生き方
-