すぐやる習慣

投稿日:2014年7月28日 更新日:

先日あるテレビ番組でノーベル物理学賞を受賞した益川敏英教授との対談を聞いていた。
教授は散歩中によく考え、集中するととまらなくなり52時間も考え続けてた。
しかし、努力しているわけではないと言うのうですね。

習慣化してるので、「苦難を乗り越えがんばる」と言うような演歌の世界ではなさそうだ。
それには自分の身体をよく観察することだ。

身体は「今」にしか存在にない。
ところが「考える」は過去や未来に自由に動き、
考えるテーマは数限りなくあり、ころころ移り気のよう変化する。
なかなか「今」にとどまらない。

課題の設定の基準も自分で決めないと、
ころころ変わりまとまりのない行動になる。

これを阻害してるのは七つの心があると言うのは古川武士さんだ。

七つの心
1.めんどくさい
2.失敗が怖い
3.時間がない(まだある)
4.嫌われたくない
5.自信がない
6.つらい
7.後悔したくない

この七つのブレーキをはずせば、「すぐやる習慣」ができる。
ではどうすれば外れるか?

1.行動するための強烈な理由(願望)がいる。
2.物事を具体化し、小さな一歩からはじめる。
3.現実絶対肯定し、いいことも悪いことも「はい喜んで」と受け入れる。
4.自分にとって悪いことは、ピンチをチャンスと捕らえ、とことん考え抜いて知恵を絞る。
5.現実の課題が解決するまで「あきらめない」

この5つの条件さえ整えば「すぐやる習慣」は獲得できる。
凡人の私たちは時間を未来において現実逃避したり、
創意工夫しないで過去の成功パターンに逃げ込んで現実逃避しがちである。
現実の只中に心身一如の実現を強く強く願うことだ。
「現実の中に真実があり、真実は現実の中にある」と言うことだ。

皆さん「すぐやる習慣」できてますか?

大阪石材社長ブログ

2021/01/27

「青淵論叢(せいえんろんそう)」渋沢栄一に学ぶ

この本は渋沢栄一の三十一篇の講演・講義が年代順にまとめられたものだ。ビジネスをする者にとって利潤というものをどう見るかを ...

大阪石材社長ブログ

2021/01/24

「森信三の言葉」に学ぶ

数年前になりますが、森信三さんの言葉をまとめられた寺田一清さんに佐藤一斎の「言志四録」をご講義いただきました。そこで、現 ...

大阪石材社長ブログ

2021/01/20

「病は不自信の処にあり」

「病は不自信の処にあり」と語るのは臨済禅師だ。「自信」というのを「信念」「使命」と置き換えてもいい。あるいは利他心の目覚 ...

大阪石材社長ブログ

2021/01/13

「幽霊」の話とコロナウイルスのメッセージ

なぜ冬には幽霊の話が出ないのかと考えると、冬より夏の暑い時に恐怖と不安で身体が凍り付くような感じを味わうためだ。「ひやー ...

大阪石材社長ブログ

2021/01/12

「中道主義」を貫き至誠を

心は外からの刺激に動くし、内からの決めつけにも動くのである。コロナウイルスという天災(人災という人もいる)が世界中を覆っ ...

-生き方
-