言葉の置き薬

投稿日:2014年7月27日 更新日:

越中富山の置き薬は皆さんご存知でしょうか?
常備薬を半年に一回ぐらい使用した分を入れ替えて、
薬箱を家庭に配置する薬の売りがくる。

これは300年以上の歴史があり、富山藩の川の氾濫により、
治水工事費用捻出のために考え出された。
「先用後利」の精神で全国津々浦々に行き渡っていった。

気が利いてるのが薬と共に「言葉の置き薬」と半紙に書いて、
日常の人生訓を入れていったのである。

言葉の置き薬

1.大成する人は、気に入らないことの中にもよさを発見する。
2.困難に出会うのは不幸ではない。自分を伸ばす好機である。
3.困難を嫌がる心は、かえって苦しいことを作り出す。
4.当たり前と思うところに感謝すべきことがいっぱいある。
5.忍耐とは希望を持つ技術
6.知恵や学問より、真心と実行がなけれは事業は成功しない。
7.仕事が成功するかどうかは小さいことを、おろそかにするかしないで決まる。
8.働くことに情熱を持ってる人は人生を楽しくする。
9.「有難う」の一言は人間関係の潤滑油
10.他人をうらやむのは精一杯の働きを生きてないからである。
11.人には年齢に応じた「初心」がある。

江戸時代、柳行李(やなぎこうり)を背負って、薬を売り歩いたのである。
身体も心も治す思いを庶民を励ます根本的な事業観があった。
お役に立つことを一番にして考えられたビジネスモデルだ。
今もこの精神は生き続けている。

皆さんは常備薬の置き薬置いてますか?

no image

2020/10/20

「社会変革」と「自己変革」について

いまや科学は宇宙へ行ける能力を持つにいたって、宇宙の空間で宇宙のステーションを創り人間が生活している。 マルクスは何のた ...

no image

2020/10/20

「坐禅をして仏になる?」

坐禅をして悟りを得ようと馬祖道一は修行に励んでいたところ、南嶽懐譲禅師(六祖慧能大観の弟子)が、ある日瓦をごしごしと磨き ...

no image

2020/10/19

「製品中心の時代から人間中心の時代へ」

ブロックチェーンによる仮想通貨が考えられるようになったのはネットが普及して、 誰もがどこでもいつでも情報の受発信ができる ...

no image

2020/10/17

「六祖慧能の話」

達磨から数えて六代目が慧能大観だ。 広東省に生まれた慧能は母一人子一人で、薪を売ってつましい暮らしをしていた。 ある時に ...

no image

2020/10/10

「不老不死」を求めるのは生の現実肯定

中国の道教は仙人思想で「不老不死」を求めた。 生を長く保ち続けるために不老長寿の薬を求めたと歴史に書かれている。 キリス ...

-生き方
-