「生きがい」を感じることが一番になる時代が来た。

投稿日:2014年7月17日 更新日:

洋の東西を問わず、感性を座標塾に考える人がいる。
先日紹介した東洋の代表は芳村思風先生だ。
西洋ではダニエル・ピンクがいる。
現実の先進国では貧困から解放され、
「生きがい」を追及することに重きを置かれる時代であると断言する。

そのキーワードは、

工業化社会のコンセプト 情報化からヒューマン社会のコンセプトへ
1.議論 1.物語
2.機能 2.デザイン
3.個別  3.全体の調和
4.論理 4.共感
5.まじめ  5.遊び心
6.モノ    6.生きがい

現代はブルーカラーの肉体労働がロボットに職を奪われ、
ホワイトカラーという知識労働はアウトソーシングで知識の請負労働になっている。
世界で安い賃金のところに事務的能力はコンピュターで処理されるようになった。
IT社会は情報を事務的に処理する能力から、
情報をマネージメントする能力を要求する社会だ。

昔は働く意味は第一は物質的利益であった。
」しかし、これからは仕事の結果を楽しむことに取って代わり、
「物欲」と「生きがい」が逆転する「生きがい」の時代だ。

生きがいは自らの精神が作り出すものだ。
精神性とは「人生に目的と意義を見出したいと願う基本的欲求」と定義される。
この精神性は今日より明日と向上しようとする力だ。
生きがいとはこの精神性を獲得することだ。

しかし日本ではこの基本的な概念がわからず、
生きがい探しに疲れた人たちがうつ病患者となるのも現実だ。

生と死が表裏一体であることを痛感せざるを得ない。
遠く二千五百年前の御釈迦さんは「おもい道理にならない」ことを自覚した第一人者だ。
「一切皆苦」とおもうこと。
そして現実を素直に受け入れ「知恵」を出して打開せよとおっしゃった。
すべては変化のさなかにあり、「無常」であると解き、
すべてに人間的なちっぽけな価値は無い「無我」と解かれた。
そのことを理解すれば、心はいつも安らかである。
ただそれだけである。

生きがいは自分の心が決めるもので外には無いですね。

皆さんは生きがい何に見出してますか?

大阪石材社長ブログ

2021/04/11

「楽天知命、故不憂」に思う

「楽天知命、故不憂」は『易経』の中にある一文だ。意味=天を楽しみ命を知る。故に憂いなし。『辞海』という辞書によると天と命 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/09

「知識労働者」こそ付加価値を産む

1969年の「断絶の時代」という著書の中でドラッカーは情報化社会の働き方が大きく変わることを予言していた。日本は1970 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/05

「母親の口癖」に思う

昭和20年代後半の私が幼稚園に行くまでは、少し悪いことをすると母親は「お父さんに言うよ」と言ったものだ。戦争帰りの親父は ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/03

「中道」に思う

「八不中道(はっぷちゅうどう)」という言葉が竜樹(りゅうじゅ)の「中論」にある。また「三論」にも書かれている。「中論」の ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/30

「寺子屋経営」の時代が来た

戦後の日本経済を振り返ってみると、昭和30年代後半頃から中学卒業と同時に集団就職で上京した「金の卵」と言われた若者たちは ...

-生き方
-