ご自愛ください

投稿日:2016年5月17日 更新日:

手紙やハガキの最後に、「ご自愛ください」と言う言葉を書く。
ところが、どう自愛するか方法を知らないのが現代人だ。

江戸時代に神経衰弱、現代なら「うつ病」になったのが臨済禅の中興の祖といわれる白隠禅師だ。
当時の言葉では「心火逆上」といって、禅の公案を一生懸命、根つめて考えすぎた結果の精神の病だ。

白隠禅師は京都の白幽さんを尋ねて処方を聞いたら、
陰陽五行による生命観を説き聞かされた。
肺の「火」を丹田におろし、腎の「水」を上に上げて交わらす、
交こそが「生」の象(かたち)だと教えられる。

要するに、身体の下半身が温かく、上半身が涼しいのが理想と言うわけだ。
漢方では「上虚下実」に整えることだ体調に最も良いとされる。

これを実現するのに自分の意識をコントロールする方法が二つある。
ひとつは「内観法」でもうひとつは「軟酥(なんそ)の法」である。

「内観法」は現代では自律訓練法として自己暗示かける方法である。
「気海丹田、腰脚足心」に意識を自分で持っていくのである。
現代風に言えば「手先足先が暖かくなる」と自分の意識を手先足先にあるように自己暗示かける。
5回ほど繰り返すのである。
緊張感がほぐれ気が上半身から手先足先に行くように感じる。
足心は土踏まずのことで気血が運ばれ、暖かくなってくる身心調整法だ。

さてもうひとつは「軟酥(なんそ)の法」これは映像的イメージを持つ内観法といえる方法だ。
「軟酥」はバターのようなものを意味する。
バターが嫌いな人はイメージできないからジャムでもかまいません。
とにかく頭の上にバターの塊があって、それがジワーッと溶け出し、
下へ下へとtけだし体中に巻きつく漢字をイメージする。
もし肩が痛いとすると、そのバターがジワーッと肩を包みだした瞬間に、
今までの痛みが消えるということだ。
もちろん体の中の肺や肝臓、胃、腸にも染みとおっていくことになる。
喜びに満ちてきて、単に痛みだけでなく、いままでの悪念が足先から流れ出すのである。

この二つを使いこなせるまでにはかなり修練する必要がいる。
兎にも角にも。これが自愛の方法だ。
(たぶん江戸時代は自愛の方法を心得ていたに違いない。)

白隠禅師は自愛を心得実践して、後世になを残す傑物の禅僧になり方法を伝授したのである。

皆さんはご自愛の方法、如何にされていますか?

no image

2020/10/23

「命と人生」

心臓は誰が動かしているのかと考えた時、自分の意思ではないことが解る。 内臓をつかさどっているのは自律神経だ。これには交感 ...

no image

2020/10/20

「社会変革」と「自己変革」について

いまや科学は宇宙へ行ける能力を持つにいたって、宇宙の空間で宇宙のステーションを創り人間が生活している。 マルクスは何のた ...

no image

2020/10/20

「坐禅をして仏になる?」

坐禅をして悟りを得ようと馬祖道一は修行に励んでいたところ、南嶽懐譲禅師(六祖慧能大観の弟子)が、ある日瓦をごしごしと磨き ...

no image

2020/10/19

「製品中心の時代から人間中心の時代へ」

ブロックチェーンによる仮想通貨が考えられるようになったのはネットが普及して、 誰もがどこでもいつでも情報の受発信ができる ...

no image

2020/10/17

「六祖慧能の話」

達磨から数えて六代目が慧能大観だ。 広東省に生まれた慧能は母一人子一人で、薪を売ってつましい暮らしをしていた。 ある時に ...

-生き方
-