ご自愛ください

投稿日:2016年5月17日 更新日:

手紙やハガキの最後に、「ご自愛ください」と言う言葉を書く。
ところが、どう自愛するか方法を知らないのが現代人だ。

江戸時代に神経衰弱、現代なら「うつ病」になったのが臨済禅の中興の祖といわれる白隠禅師だ。
当時の言葉では「心火逆上」といって、禅の公案を一生懸命、根つめて考えすぎた結果の精神の病だ。

白隠禅師は京都の白幽さんを尋ねて処方を聞いたら、
陰陽五行による生命観を説き聞かされた。
肺の「火」を丹田におろし、腎の「水」を上に上げて交わらす、
交こそが「生」の象(かたち)だと教えられる。

要するに、身体の下半身が温かく、上半身が涼しいのが理想と言うわけだ。
漢方では「上虚下実」に整えることだ体調に最も良いとされる。

これを実現するのに自分の意識をコントロールする方法が二つある。
ひとつは「内観法」でもうひとつは「軟酥(なんそ)の法」である。

「内観法」は現代では自律訓練法として自己暗示かける方法である。
「気海丹田、腰脚足心」に意識を自分で持っていくのである。
現代風に言えば「手先足先が暖かくなる」と自分の意識を手先足先にあるように自己暗示かける。
5回ほど繰り返すのである。
緊張感がほぐれ気が上半身から手先足先に行くように感じる。
足心は土踏まずのことで気血が運ばれ、暖かくなってくる身心調整法だ。

さてもうひとつは「軟酥(なんそ)の法」これは映像的イメージを持つ内観法といえる方法だ。
「軟酥」はバターのようなものを意味する。
バターが嫌いな人はイメージできないからジャムでもかまいません。
とにかく頭の上にバターの塊があって、それがジワーッと溶け出し、
下へ下へとtけだし体中に巻きつく漢字をイメージする。
もし肩が痛いとすると、そのバターがジワーッと肩を包みだした瞬間に、
今までの痛みが消えるということだ。
もちろん体の中の肺や肝臓、胃、腸にも染みとおっていくことになる。
喜びに満ちてきて、単に痛みだけでなく、いままでの悪念が足先から流れ出すのである。

この二つを使いこなせるまでにはかなり修練する必要がいる。
兎にも角にも。これが自愛の方法だ。
(たぶん江戸時代は自愛の方法を心得ていたに違いない。)

白隠禅師は自愛を心得実践して、後世になを残す傑物の禅僧になり方法を伝授したのである。

皆さんはご自愛の方法、如何にされていますか?

no image

2020/08/06

コロナ対応にみる仕事観の違いに思う

今、世界中がコロナウイルスにどう対応するかを問われている。 その対応から見えてくるアメリカ型の資本主義はトランプ大統領が ...

no image

2020/07/28

アダム・スミスの世界観

アダム・スミス(1723~1790年)は、18世紀のイギリスの産業革命の立役者として、生産技術の根本的革命を起こし、中世 ...

no image

2020/07/26

「学問ノススメ」に学ぶ

江戸時代に寺子屋などで教えられていた「実語教」という本の中に、 「人学ばざれば智なし、智なきものは愚人なり」とあり。され ...

no image

2020/07/24

仕事について

毎月会社説明会を開いており、そこで必ず質問する。 「何のために仕事をするのか?」と聞くと、「生活のため」、「自分を成長さ ...

no image

2020/07/24

「ペスト」カミュに読む。

最近、カミュの「ペスト」が読まれている。カミュ(1913~1960年)は第一次世界大戦、第二次世界大戦のさなかで育った。 ...

-生き方
-