楽天家でありたい

投稿日:2014年4月24日 更新日:

『楽天』は三木谷さんが考えたのでしょうが、
出典は易経の繋辞上伝(けいじじょうでん)にある。

『楽天知命 故不憂』=天を楽しみ命を知る。故に憂えず。
意味=天の理法を楽しみ、自分の運命を生きる喜びを知るならば、人は憂いが無い。

私たちは「だれ某太郎兵衛」という固有名詞を持ってるが、
大自然から頂いた本当の自分の「命」がある。
この「命」(安岡正篤いわく)には、
『宿命』=生まれた国や時代は変えようがありません。
             この変えれないものが個々人の宿命だ。
『運命』=命は動いて止まなず変化し続ける。だからいい方向に変えねばならない。
              運命は因果の法則に従って変化するから『善行』をすれば『善果』となる。
              この因果の法則性を知ることにより、
              法則に支配されず、自主的に創造的に運命を変えれる。
              努力を続け最後まであきらめずがんばり、良縁を大事にすると運命が開く。
『天命』=「天」というあらゆる万物を産み育ててる存在に心を傾けると、
             自分の「天命」をしり、「天職」を得て自らの「知命」を知ることになる。
『使命』=一生懸命自己修練すると自分の得意部門が磨かれ,命を燃やす使い方が解かって来る。  
             自分の能力や性質が見え、それを開発し役に立つことでさらに向上する。
             努力や学問修行しなければ、宿命(動物的・機械的)になってしまい、
             宿命の法則に流されてしまう。使命にめざめること。
『立命』=自分で自分の『命』立てることを「立命」というのである。
       自分を徹底的に究尽し、究明 すればさらに磨きがかかる。

こんな深い意味のある名前が『楽天』だ。
「命」が永遠に変化しながら活躍する意味が込められている。

私は今まで「命」に関心を持つより「人間」とは何かを尋ねてきた。
「命」を尋ねることから自分を見つめなおす時が来たようだ。

良寛さんの詩に、
 「相逢又相別      「相い逢うて 又 相い別れ
  来去白雲心       去来は 白雲の心
  惟留霜毫跡       唯(ただ)霜毫(そうごう)の跡を留むるのみ
  人間不可尋」      人間(じんかん)尋ぬべからず」

意味=お互いに出会って、又別れる。
   その様は、去来する白雲の無心さのよう。
   ただ、陽の光によって人生の足跡も霜が消えるようになり。
   人間は尋ねてもいないが、命の燃えたことが思い浮かぶな!(伯井の訳)

これからは「天」を相手に「命」から行動をし、楽天家でありたいものだ。

皆さんは「楽天」のことご存知でしたか?

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

no image

2020/09/04

「傲慢と高慢」に思う

稲盛語録に「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」 新しいことをするには「こうありたい」と夢と希望をもって超 ...

no image

2020/09/03

「世界のパワーシフト」

世界経済はコロナウイルスによって、新しい局面を迎え、大きく変貌せざるを得ないのが実情だ。 まずは消費の在り方だ。 三蜜を ...

-生き方
-