楽天家でありたい

投稿日:2014年4月24日 更新日:

『楽天』は三木谷さんが考えたのでしょうが、
出典は易経の繋辞上伝(けいじじょうでん)にある。

『楽天知命 故不憂』=天を楽しみ命を知る。故に憂えず。
意味=天の理法を楽しみ、自分の運命を生きる喜びを知るならば、人は憂いが無い。

私たちは「だれ某太郎兵衛」という固有名詞を持ってるが、
大自然から頂いた本当の自分の「命」がある。
この「命」(安岡正篤いわく)には、
『宿命』=生まれた国や時代は変えようがありません。
             この変えれないものが個々人の宿命だ。
『運命』=命は動いて止まなず変化し続ける。だからいい方向に変えねばならない。
              運命は因果の法則に従って変化するから『善行』をすれば『善果』となる。
              この因果の法則性を知ることにより、
              法則に支配されず、自主的に創造的に運命を変えれる。
              努力を続け最後まであきらめずがんばり、良縁を大事にすると運命が開く。
『天命』=「天」というあらゆる万物を産み育ててる存在に心を傾けると、
             自分の「天命」をしり、「天職」を得て自らの「知命」を知ることになる。
『使命』=一生懸命自己修練すると自分の得意部門が磨かれ,命を燃やす使い方が解かって来る。  
             自分の能力や性質が見え、それを開発し役に立つことでさらに向上する。
             努力や学問修行しなければ、宿命(動物的・機械的)になってしまい、
             宿命の法則に流されてしまう。使命にめざめること。
『立命』=自分で自分の『命』立てることを「立命」というのである。
       自分を徹底的に究尽し、究明 すればさらに磨きがかかる。

こんな深い意味のある名前が『楽天』だ。
「命」が永遠に変化しながら活躍する意味が込められている。

私は今まで「命」に関心を持つより「人間」とは何かを尋ねてきた。
「命」を尋ねることから自分を見つめなおす時が来たようだ。

良寛さんの詩に、
 「相逢又相別      「相い逢うて 又 相い別れ
  来去白雲心       去来は 白雲の心
  惟留霜毫跡       唯(ただ)霜毫(そうごう)の跡を留むるのみ
  人間不可尋」      人間(じんかん)尋ぬべからず」

意味=お互いに出会って、又別れる。
   その様は、去来する白雲の無心さのよう。
   ただ、陽の光によって人生の足跡も霜が消えるようになり。
   人間は尋ねてもいないが、命の燃えたことが思い浮かぶな!(伯井の訳)

これからは「天」を相手に「命」から行動をし、楽天家でありたいものだ。

皆さんは「楽天」のことご存知でしたか?

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

no image

2020/11/15

「東洋的な自由」

トランプ大統領が敗北宣言をしないのは「自由」に対しての考え方が法による自由だからである。 世界で初めて共和国を創ったのは ...

no image

2020/11/13

「中庸」と「中道」の違い

孔孟と言われるのが一般に儒教で老荘が道教だ。「中庸」は論語の雍也第六「子曰わく、中庸の徳たるや、其れ至れるかな。民鮮きこ ...

-生き方
-