自分が自分の主人になる。

投稿日:2014年4月26日 更新日:

スリランカ仏教界の長老のアムボムッレ・スマナサーラさんは上座仏教だ。
日本の仏教は大乗仏教で在家でありながら「苦から開放」される方法を伝授するが、
上座仏教で解かりやすく噛み砕かれてるのでここに紹介する。

実に納得する表現に「人間は依存症の保菌者」であるというのだ。
私たちはみな「何か」の依存症であると言う、
今、依存症でなくても次の瞬間に依存症になる場合もあると断言する。

そこでさらに突っ込んで、酒や賭け事に依存するのは悪いことであるし酒は病気にもなる。
だからといって、「いいこと」に依存するのは良いことと言えるか、
たとえば、ボランティア活動、平和活動、地域活動だが、
それに依存すれば自分を見失ってしまうからいけないと言う。
悪いことに依存するのはいけないが、
良いこともいけないと考えるところが自分が自分の主人なんだ。

仏教で言うところの「中道」だ。
決して1メートルの真ん中が50センチという真ん中を言うのでなく、
自分が自分でコントロールして行き過ぎず、
行かな過ぎないポイントで加減して行動することだ。

次に「依存」と同じ言葉で「執着」も自分を見失うことでだめというのだ。
「奴隷」と「使用人」と言う表現で解いている。

自分が自分であるには「体の奴隷」と「心の奴隷」になるなと解く。
自分の思うように心も体も動いてくれないのが現実だ。
体は五感を味わいたいと命令する。
心も「思うようになりたい」と愚痴や怒りやもっとほしいと貪欲を命令してくる。
「体と心」の奴隷になって自分でコントロールできていない。
自分が主人で「体と心」使ってるのではない。
主客が顚倒してる。
(ここで言う心は本能的利己心だ。)

又、自分の「子供」「財産」「名誉」「地位」などの自分が主人と思ってることが、
実は、それによって自分が支配されていて自由でなくなってるのであると解く。
「使用人」であるはずの「子供」「財産」「名誉」「地位」に、
こき使われてて自分がなくなってるというのだ。

もちろんそんなことないという方もおられるでしょう。

皆さんはこの説法どう感じられますか?

大阪石材社長ブログ

2021/05/05

「ポスト資本主義」はどう進化していくか問われている

新型コロナウイルスの変異株が早いスピードで感染拡大して、3度目の緊急事態宣言が東京・大阪・兵庫・京都の4都府県に出されて ...

大阪石材社長ブログ

2021/05/03

「苦を楽に転悟する」のが仏陀の言いたいこと

何のために働くのか?普通は「生活するためだ」と答えるが、最近の若い人は「やりがいを持ちたい」と言う。やりがいは仕事にある ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/29

「全肯定の人生観」に思う

人間は生まれた時には無知無明で恐怖と不安だけがある。母親を頼りに乳をもらい、外敵から守ってもらわなければ生きられない。外 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/28

「文化力の時代」がやってきた

今、世界は資本主義圏と共産主義圏の覇権を巡っての対立で、武力をちらつかせながら抑止しているのが現状だ。アメリカがウイグル ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/27

「仁義」について

「書経」には東洋的なリーダーシップ論が書かれている。政治でも事業でも根本は人間の信頼関係ができなければ円滑に運営ができな ...

-生き方
-