自分が自分の主人になる。

投稿日:2014年4月26日 更新日:

スリランカ仏教界の長老のアムボムッレ・スマナサーラさんは上座仏教だ。
日本の仏教は大乗仏教で在家でありながら「苦から開放」される方法を伝授するが、
上座仏教で解かりやすく噛み砕かれてるのでここに紹介する。

実に納得する表現に「人間は依存症の保菌者」であるというのだ。
私たちはみな「何か」の依存症であると言う、
今、依存症でなくても次の瞬間に依存症になる場合もあると断言する。

そこでさらに突っ込んで、酒や賭け事に依存するのは悪いことであるし酒は病気にもなる。
だからといって、「いいこと」に依存するのは良いことと言えるか、
たとえば、ボランティア活動、平和活動、地域活動だが、
それに依存すれば自分を見失ってしまうからいけないと言う。
悪いことに依存するのはいけないが、
良いこともいけないと考えるところが自分が自分の主人なんだ。

仏教で言うところの「中道」だ。
決して1メートルの真ん中が50センチという真ん中を言うのでなく、
自分が自分でコントロールして行き過ぎず、
行かな過ぎないポイントで加減して行動することだ。

次に「依存」と同じ言葉で「執着」も自分を見失うことでだめというのだ。
「奴隷」と「使用人」と言う表現で解いている。

自分が自分であるには「体の奴隷」と「心の奴隷」になるなと解く。
自分の思うように心も体も動いてくれないのが現実だ。
体は五感を味わいたいと命令する。
心も「思うようになりたい」と愚痴や怒りやもっとほしいと貪欲を命令してくる。
「体と心」の奴隷になって自分でコントロールできていない。
自分が主人で「体と心」使ってるのではない。
主客が顚倒してる。
(ここで言う心は本能的利己心だ。)

又、自分の「子供」「財産」「名誉」「地位」などの自分が主人と思ってることが、
実は、それによって自分が支配されていて自由でなくなってるのであると解く。
「使用人」であるはずの「子供」「財産」「名誉」「地位」に、
こき使われてて自分がなくなってるというのだ。

もちろんそんなことないという方もおられるでしょう。

皆さんはこの説法どう感じられますか?

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

no image

2020/11/15

「東洋的な自由」

トランプ大統領が敗北宣言をしないのは「自由」に対しての考え方が法による自由だからである。 世界で初めて共和国を創ったのは ...

no image

2020/11/13

「中庸」と「中道」の違い

孔孟と言われるのが一般に儒教で老荘が道教だ。「中庸」は論語の雍也第六「子曰わく、中庸の徳たるや、其れ至れるかな。民鮮きこ ...

-生き方
-