「すべては良くなる」と唱える。

投稿日:2014年4月16日 更新日:

純粋な気持ちで「すべては良くなる」と願えば必ずそうなるとおっしゃられるのは、
生長の家の谷口雅春さんだ。「不幸をつぶやけば病気になり、感謝すれば治る」

言葉の力であり、心を素直に清浄にして、
自分の内側の心を水が止まって鏡のようにして祈る。
そうすると良いことは因ってくる空気を流してる。
縁を発してるのだ。
こんなこというと迷信と思われるがそうではありません。

迷信とは「カラスが飛んできた」「だからおじいさんが亡くなった」と、
次元の違う二つを結びつけ説明するが非科学的で根拠の無い迷信だ。

前者の谷口さんの言葉の意味は神秘力に違いない。

禅では「過去の苦しいこと思い出すから苦しいので、
      思い出さなければ苦しくない」
    「嫌なことだけでなく良いことも思い出してはいけない(嫌な過去を引き出すからだ)」
      と諭す。

なぜ過去を思い出すかというと「未来に嫌なことが起こらないようにと恐れるからだ。」
まさに利己心(本能)で保身を考え不安を持つから苦しみがやってくる。

そんな時「すべては良くなる」と言うのは今に生き、
恐怖、不安を一掃する呪文であり、
良き縁を呼び寄せる。

これは費用もかかりませんので、是非お試しください。
私の場合、実行して成果を得てる。

皆さんやってみませんか?

大阪石材社長ブログ

2021/05/05

「ポスト資本主義」はどう進化していくか問われている

新型コロナウイルスの変異株が早いスピードで感染拡大して、3度目の緊急事態宣言が東京・大阪・兵庫・京都の4都府県に出されて ...

大阪石材社長ブログ

2021/05/03

「苦を楽に転悟する」のが仏陀の言いたいこと

何のために働くのか?普通は「生活するためだ」と答えるが、最近の若い人は「やりがいを持ちたい」と言う。やりがいは仕事にある ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/29

「全肯定の人生観」に思う

人間は生まれた時には無知無明で恐怖と不安だけがある。母親を頼りに乳をもらい、外敵から守ってもらわなければ生きられない。外 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/28

「文化力の時代」がやってきた

今、世界は資本主義圏と共産主義圏の覇権を巡っての対立で、武力をちらつかせながら抑止しているのが現状だ。アメリカがウイグル ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/27

「仁義」について

「書経」には東洋的なリーダーシップ論が書かれている。政治でも事業でも根本は人間の信頼関係ができなければ円滑に運営ができな ...

-生き方
-