「すべては良くなる」と唱える。

投稿日:2014年4月16日 更新日:

純粋な気持ちで「すべては良くなる」と願えば必ずそうなるとおっしゃられるのは、
生長の家の谷口雅春さんだ。「不幸をつぶやけば病気になり、感謝すれば治る」

言葉の力であり、心を素直に清浄にして、
自分の内側の心を水が止まって鏡のようにして祈る。
そうすると良いことは因ってくる空気を流してる。
縁を発してるのだ。
こんなこというと迷信と思われるがそうではありません。

迷信とは「カラスが飛んできた」「だからおじいさんが亡くなった」と、
次元の違う二つを結びつけ説明するが非科学的で根拠の無い迷信だ。

前者の谷口さんの言葉の意味は神秘力に違いない。

禅では「過去の苦しいこと思い出すから苦しいので、
      思い出さなければ苦しくない」
    「嫌なことだけでなく良いことも思い出してはいけない(嫌な過去を引き出すからだ)」
      と諭す。

なぜ過去を思い出すかというと「未来に嫌なことが起こらないようにと恐れるからだ。」
まさに利己心(本能)で保身を考え不安を持つから苦しみがやってくる。

そんな時「すべては良くなる」と言うのは今に生き、
恐怖、不安を一掃する呪文であり、
良き縁を呼び寄せる。

これは費用もかかりませんので、是非お試しください。
私の場合、実行して成果を得てる。

皆さんやってみませんか?

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

no image

2020/11/15

「東洋的な自由」

トランプ大統領が敗北宣言をしないのは「自由」に対しての考え方が法による自由だからである。 世界で初めて共和国を創ったのは ...

no image

2020/11/13

「中庸」と「中道」の違い

孔孟と言われるのが一般に儒教で老荘が道教だ。「中庸」は論語の雍也第六「子曰わく、中庸の徳たるや、其れ至れるかな。民鮮きこ ...

-生き方
-