黒田官兵衛が聞いた「成功の秘訣」

投稿日:2014年4月15日 更新日:

「成功の秘訣」を尋ねたのは天下を取った太閤秀吉であった。
官兵衛「どうして殿下は、今日のような御身分になられましたか。
      何か立身出世の秘訣でもございましょうか?」

太閤「別に立身出世の秘訣とてはないのじゃ。
     ただその「分」に安んじて、懸命に努力したまでじゃ。
     過去を追わず、未来を憂えず、その日の仕事を一生懸命やったまでじゃ」

この意味するところは、「今・ここ・自己」に徹して命がけで仕事すれば道は開くと言う。
当たり前のことを当たり前にすることだ。
ところが人間は老人に成ると昨日を語り、青年は明日のことばかり語るのが常だ。
「今」を本気で生きてないというのだから太閤の着眼点は面白い。

草履とりは草履とり。足軽は足軽、侍大将は侍大将、それぞれの「分」に安んじて、
その分を立派に生かすことによって藤吉郎は天下の太閤秀吉になった。
それ以外には立身出世の秘訣はない。

古人が言うには「成功の秘訣」は「運」「純」「根」
すなわち、運と賢ぶらない愚それの根気だといわれている。
この具現者が太閤秀吉だ。

戦後67年になる日本人には「運」「純」「根」が生じなくなっているようだ。
現代人は成功どころか「心ここにあらず」と仕事や人生の主体性はない。
平和な現代に必要なのは理想を高く、心を高め磨き、志を立てる主体を持つことだ。
そうすることで「運」「純」「根」も湧き出るに違いない。

世の中に役に立つ利他行一番で自分の能力と人徳を磨き、
「三方良し」の実現に向け邁進する誰にも負けない努力こそが成功への入り口だ。

みなさんは自分の命燃えてますか?

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

no image

2020/09/04

「傲慢と高慢」に思う

稲盛語録に「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」 新しいことをするには「こうありたい」と夢と希望をもって超 ...

no image

2020/09/03

「世界のパワーシフト」

世界経済はコロナウイルスによって、新しい局面を迎え、大きく変貌せざるを得ないのが実情だ。 まずは消費の在り方だ。 三蜜を ...

-生き方
-