東西の世界観の融合の時代

投稿日:2016年3月2日 更新日:

日本の数学者の岡潔さんとアラン・チューリングさんの数学に対する、
本質への追求の仕方の違いについて書かれていた。

「数学する身体性」(森田真生著)著書にある。

チューリングは客観化して追求する。(論理の世界)
岡潔さんは身体化して突き詰めるといのである。(身体化、一体化、融合の世界)

恩師小田切は本当の客観はないとよく話されていた。
顕微鏡で現象をごく微細に追及し原子核までたどりつく、
また望遠鏡で宇宙まで遠く観測するが、
現象の延長に過ぎないから、客観ではないというのである。(観主観)

観主観=現象を極大化し、極小化したに過ぎない。
(だからある範囲では法則は通用するが本質でない近似値だ)

ドイツのものづくりは徹底的に「モノ」は「モノ」として対象化するやり方だ。
モノには心はないと考える「唯物論」に徹するのである。

しかし、日本のモノ作りは「モノ」そのものへの一体化、身体化によって実現する。
よく魂が入るという表現をする。
「モノ」にも心があると考えるからだ。

自然との融合や一体化する作り方を無意識にするから、
使う人に使いやすく環境にも配慮したものつくりが出来る。
世界中で品質が高く評価される。

歴史的には縄文時代からのアニミズムで自然崇拝、
八百万の神々を敬う心が熟成されてきた。

般若心経の一説に「色即是空 空即是色」とセットの言葉になっているのがある。

唯物論的に分析して本質に行くのは「色即是空」とい方向だ。
唯心論的に演繹するのが日本流の「空即是色」である。

八チントンが言った「東西文明のの衝突の時代」でなく、
これからは、東西の世界観の融合の時代へ進化するに違いない。

皆さんは東西の世界観いかが考えますか?

no image

2020/07/06

言葉の裏に行動がある

「致知」8月号に西村恵信先生の対談が掲載されている。 先日、恩師のお墓参りで興福寺にいって先生と話したところだった。 鈴 ...

no image

2020/06/26

「生物学的幸福感」について

時間があれば本屋さんに行くことにしてる。読みはしないが今どんな本が出されているのかを眺めることで、 時流が解るというか、 ...

no image

2020/06/25

「天上天下 唯我独尊」「三界皆苦 吾当安此」

お釈迦さんが生まれて七歩歩いて行ったという言葉が「天上天下 唯我独尊 三界皆苦 吾当安此」である。 バラモン教が支配的だ ...

no image

2020/06/24

「自己変革」し続けることが会社を持続的に発展させる

石材業界は建築や墓石、記念碑に庭の仕事を入れても5000億市場である。 その市場も墓地不足といわれた時期から比べると半減 ...

no image

2020/06/22

日々新たに

今朝(6月21日朝)、少し早く起きたので5時から始まるNHKの「心の時代」を見た。 臨済宗妙心寺派の正眼寺の山川宗玄老師 ...

-生き方
-