接遇力一流を目指す

投稿日:2016年3月1日 更新日:

接遇力一流を目指す接遇を一流にすることがお客さんを満足させる人間関係ができる。
基本的な取り組み姿勢を仏教用語で「和顔愛語」であり、
英語では「ホスピタリティー」(思いやり)だと解説された。

その基本は6つあると弊社のHさんから講義を受けた。
1.身だしなみ
2.挨拶
3.表情
4.立ち居振る舞い
5.言葉使い
6.上手な聞き方のコツ

最後の聞き方のコツには二つあって、
1.相槌にバリエーションをつける
2.「私」を抑える

仏教でも人間の基本的な欲(本能)に四つあって、
1.食欲
2.性欲
3.睡眠欲
4.しゃべりすぎる欲

この本能に振り回され生きると苦しみが寄ってくるから抑えろと教える。

しゃべる事と私を抑えることは私にとって至難の業である。
利己心でいっぱいだからだ。
この6つの詳しいことを書くと書き切れないので、
後日改めるとするが、最後の締めくくりに素晴らしい言葉があった。

Hさんは、
「私の時計は自動巻きです。
少し進む傾向があるのですね。
早くなるのですね。
ところが休みが二日あって、
時計を置いておくと止ってる。
でも一日で二回だけは正確な時をになるのが事実ですね。
動くことは大切ですが、一度止って自分が正確な時を打ってるかを確認する。
速いまま狂ってるのに行動してピントがずれてないか?
それには、自分の動きを止めることですね!」

一度現実から離れて心を静かにして、
自然のときと自分のときがぴったりあってるかの判断(天人合一)が必要だというメッセージだった。

仏教では「止観」というのですね。
止観の「止」=禅定(三昧)止観の「観」は智慧ですね。
(人間界の知識の知恵ではありません、叡智(大自然の法則を体得))

禅定によって心が乱されない力を禅定力という。

六祖慧能大観は六祖壇経のなかで、
「外、相を離るるはすなわち禅 内、乱れざるはすなわち定なり、
外禅にて、内定なる。之禅定となす」

日常のすべてを放り投げて、時計を止めることは自分を見つめるチャンスだ。
勇気を持って、解脱してみませんか?
また戻ってくればいいのですよ現実に!!
接遇の実行は先ず時計を二日間はずすことからかもしれませんね!

皆さんは接遇の6つのテーマに取り掛かるときにどうなさいますか?

no image

2020/09/22

「心を動かす」から感動する。

仕事通じて学ぶことがいっぱいある。仕事を創造していくことが楽しい。仕事を発展させることは同時に自己の成長に繋がるからだ。 ...

no image

2020/09/20

「意気色空を貫く」に思う

この言葉は友人の結婚式の寄せ書きに恩師の小田切先生が書かれた言葉だ。 当時は29歳で全く意味が解らなかった。「意」とは意 ...

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

-生き方
-