人間はなんにでもなれる。

投稿日:2016年2月5日 更新日:

地球が誕生して46億年、生物亜誕生して38億年である。
人間の遺伝子はみな同じである。
1キログラムに一兆この細胞があり、60キロの人で60兆の細胞だ。

鼻の細胞は鼻に必要な遺伝子にしかつながっていないそうだ。
だから、遺伝子のスイッチがONに成ればなんにでも成れるとも言える。

さてどうすれば、遺伝子のスイッチがONになるかである。
最近の遺伝子学会では「心の持ちようでONになる」ことがわかってきた。

思春期の15、6歳のとき夫婦喧嘩が絶えなく、
家が自分の心休まる場所でなく「うつ」になって、
自分の存在まで否定する心に取り付かれた人が、
大病をしたときに、両親が「死なないでほしいと」
夜中つききりで何日も看病してくれた。
その時スイッチがONになり、
私はなんと思いやりのない人間だと自分の利己心に気づき、
愛されてるのだから両親や友人や人のためにもがんばろうと思ったそうだ。

「思いやり」の遺伝子にスイッチが入った。
その後は看護師の資格を取り、
多くの人に思いやりを持って接することが喜びとなる人生が送ったそうだ。(実話)

ある東大の研究者で成功した人は、
3歳ぐらいに電車の車庫の切り換えポイントで入れ替わり電車が方向転換したりしているのを見て、何時間も「がっちゃんがっちゃん」と言う音と電車の方向転換を興味深く見ていた。
(お母さんは自分の時間を犠牲にして、飽きるまで見せたそうです)
このときに集中力にスイッチがONされて、集中して学ぶことが苦痛でなく楽しいと東大に合格した。

私は遊びに夢中でそこにスイッチがONしたことは間違いなかった。
でも、多くの人と出会えて、どんな人も素晴らしいもの持ってると感じれたのは良かった。

皆さん何かに感動したら、それ深く掘り下げ、遺伝子スイッチONしませんか?

大阪石材社長ブログ

2021/06/14

「人間の存在」について

人間は肉体という現実的に有限な物質と、思考する精神を軸に動く心の二つを持つ矛盾した存在だ。弁証法では「原因=対立物の相互 ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/14

「時代が求める人材」について

NHKで渋沢栄一が主人公の大河ドラマが放送されている。昨年来のコロナ禍という災難に見舞われ、体験したことのない解決が迫ら ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/06

「病は気から」

風邪にかかると熱が出て寒気がして咳が出る。すると、母親は布団を敷いて、頭に冷たい手ぬぐいを当ててくれる。それだけではなく ...

大阪石材社長ブログ

2021/06/05

「仕事とは何か」について

「仕事とは万病に効く薬」と表現されるのは稲盛和夫さんだ。それは、人間の肉体的な満足感・達成感と同時に精神的な充実感の両方 ...

大阪石材社長ブログ

2021/05/31

「独立」と「孤立」について

「独立」とは正しい自覚を持つことであり、最も尊い。では正しい自覚とは何かというと「人間は矛盾した存在である」「人間は不完 ...

-生き方
-