ジョブズに思う。

投稿日:2013年12月14日 更新日:

ジョブズは大学中退、インドを放浪して、
サンフランシスコ禅センターで生涯の師と出会うのである。

曹洞宗の乙川弘文師だ。

1991年ローレン夫人と仏前結婚式も乙川さん立会いのもとで行なった。
1985年ジョン・スカリーにアップルを追い出されたときには精神的なささえとなり、
1986年にネクストを立ち上げたときには宗教顧問としてジョブズを支えた人物だ。

若きジョブスは『禅』を利己的に考え自分は最高だととらえていたが、
アップルを追い出され裸になった時、
道元の言う『他の中の己』を意識したと言う。
他の存在として現われた己の自覚だ。

その心境はさらに深まり、正法眼蔵の現成公案の巻、

『法もし身心に充足すれば、ひとかたは足らずとおぼゆるなり』
意味=仏法が身体に溢れていたら、目先の目標に到達してもそれでは満足しない。
   どこか足りないと感じる。

ジョブズの禅的な考えを一番に表してるのは2005年50歳のとき、
スタンフォード大学の卒業式でのスピーチにある。

『STAY HUNGRY、STAY FOOLISH]』
意味=貧しくあれ、愚かであれ

ジョブズは愚直に誰にも負けない努力をし、上を目指し燃えつくした人生だった。

私たちは食べ物や衣服、住まいがなければ生きれない。
しかし、モノだけを追い求めることで人生を生きるのか?
自分を磨くために生きるかはそれぞれの思いが決める。

恩師小田切瑞穂先生はいつも私に言われていた。

『衣食のなかに道心なし、道心の中に衣食あり』

みなさんはジョブズと禅の関わりどう感じますか?

no image

2020/09/22

「心を動かす」から感動する。

仕事通じて学ぶことがいっぱいある。仕事を創造していくことが楽しい。仕事を発展させることは同時に自己の成長に繋がるからだ。 ...

no image

2020/09/20

「意気色空を貫く」に思う

この言葉は友人の結婚式の寄せ書きに恩師の小田切先生が書かれた言葉だ。 当時は29歳で全く意味が解らなかった。「意」とは意 ...

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

-生き方
-