自己を忘れる

投稿日:2013年12月10日 更新日:

「正法眼蔵」現成公案の巻に、

「仏道をならうというは、自己をならうなり。
 自己をならうというは、自己をわするるなり。
 
 自己をわするるというは、うるなり。万法に証せらるるなり。
 万法に証せらるるというは、自己の身心および他己の身心をして脱落せしむるなり。」

意味=仏道をならうのは知識や教養つけることでなく、
   あくまでも自分自身を明らかにしていくことである。
   それには自分自身の執着を離れないと解らない。
   
   自分を忘れたら、万法(あらゆる存在)に証らされる。
   自分が証るのでなく、自分を忘れ、エゴを離れた時、自ずと証りがやってくる。
   そのとき自己の身も心も他人の身も心も亡くなり、自分と他人の境がなくなる。
   「おれが、おれが」の心がなくなり、比較、競争、対立することがなくなる。

道元禅師らしい諭し方だ。

この身心脱落を維持するには、
1.貧しくなければならない。(富むと怠けるのが人間の常だ)
2.証(さと)りにも執着しないこと。(証りが目的でなく、いつも柔軟心でいる自由で自在だ)

ひたすら坐る。只管打座

道元禅師の正法眼蔵の「菩提薩埵四摂法」には、

「ただまさに、やはらかなる容顔をもて一切に向かうべし」

意味=ただまさに、なごやかな顔つきで、あらゆることに接することが大切だ。

われわれ凡人は自己に執着し、他人と競い、対立し自己を離れられないのが普通だ。
一日中、笑顔でなんかいられない。瞬間瞬間心が騒ぐのが事実だ。(素直に自分を見つめる)

だからこそ、自己を忘れろ!

そうなるために善行に徹し、他人に役に立つ行動で利他行をしろというのである。
「善因善果」の因果の法則に乗っ取り、善き種をまく行動をすると善の結果がでる。

道元を始め先人の古教を学ぶのは大切なことだが、
われわれが学ぶのは言葉でなく、先人の行った行動をまねることだ。

日々自問自答し、自分が行動が出来てるかを反省。
「自己を忘れる」実践に挑戦だ。

「可能性を信じるものこそ、可能性を開く」

みなさんは自己を忘れる出来てますか?

no image

2020/04/08

マスクを独り占めする人

テレビの緊急事態宣言を見ていて、 娘が「この状況で不安になって自分が真っ先にマスクを買い占める行動をする」 利己的な行動 ...

no image

2020/04/06

「善良な人間」に思う

慈恵医大の精神科の森田先生が語られたというレポートに書かれていたので紹介する。 宇宙の現象はすべて発動力と抑止力とが常に ...

no image

2020/04/06

「生活と感情」を一にする仕事集団目指して

家に帰ると何かほっとする。 家内の味に慣れ親しんだ食事が出て、 いつもの場所に座って、みんなの健康を喜び、 知り合いの人 ...

no image

2020/03/22

「渋沢栄一の論語講義」に学ぶ

ドラッカーの経営学が社会学にまで高められたのは、 儒教をベースにした観点であり、 日本で、その代表格の人物は渋沢栄一だと ...

no image

2020/03/20

「災難に逢うときは災難に逢うがよろしかろ」良寛

世界中がコロナ感染症に対していろんな手を打っているのは実情だ。 個人として感染を広げないためには、 自宅で自粛して大勢が ...

-生き方
-