自己を忘れる

投稿日:2013年12月10日 更新日:

「正法眼蔵」現成公案の巻に、

「仏道をならうというは、自己をならうなり。
 自己をならうというは、自己をわするるなり。
 
 自己をわするるというは、うるなり。万法に証せらるるなり。
 万法に証せらるるというは、自己の身心および他己の身心をして脱落せしむるなり。」

意味=仏道をならうのは知識や教養つけることでなく、
   あくまでも自分自身を明らかにしていくことである。
   それには自分自身の執着を離れないと解らない。
   
   自分を忘れたら、万法(あらゆる存在)に証らされる。
   自分が証るのでなく、自分を忘れ、エゴを離れた時、自ずと証りがやってくる。
   そのとき自己の身も心も他人の身も心も亡くなり、自分と他人の境がなくなる。
   「おれが、おれが」の心がなくなり、比較、競争、対立することがなくなる。

道元禅師らしい諭し方だ。

この身心脱落を維持するには、
1.貧しくなければならない。(富むと怠けるのが人間の常だ)
2.証(さと)りにも執着しないこと。(証りが目的でなく、いつも柔軟心でいる自由で自在だ)

ひたすら坐る。只管打座

道元禅師の正法眼蔵の「菩提薩埵四摂法」には、

「ただまさに、やはらかなる容顔をもて一切に向かうべし」

意味=ただまさに、なごやかな顔つきで、あらゆることに接することが大切だ。

われわれ凡人は自己に執着し、他人と競い、対立し自己を離れられないのが普通だ。
一日中、笑顔でなんかいられない。瞬間瞬間心が騒ぐのが事実だ。(素直に自分を見つめる)

だからこそ、自己を忘れろ!

そうなるために善行に徹し、他人に役に立つ行動で利他行をしろというのである。
「善因善果」の因果の法則に乗っ取り、善き種をまく行動をすると善の結果がでる。

道元を始め先人の古教を学ぶのは大切なことだが、
われわれが学ぶのは言葉でなく、先人の行った行動をまねることだ。

日々自問自答し、自分が行動が出来てるかを反省。
「自己を忘れる」実践に挑戦だ。

「可能性を信じるものこそ、可能性を開く」

みなさんは自己を忘れる出来てますか?

no image

2020/09/22

「心を動かす」から感動する。

仕事通じて学ぶことがいっぱいある。仕事を創造していくことが楽しい。仕事を発展させることは同時に自己の成長に繋がるからだ。 ...

no image

2020/09/20

「意気色空を貫く」に思う

この言葉は友人の結婚式の寄せ書きに恩師の小田切先生が書かれた言葉だ。 当時は29歳で全く意味が解らなかった。「意」とは意 ...

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

-生き方
-