友人の贈り物のあいさつ文

投稿日:2015年12月22日 更新日:

毎年、年末になると『墨蹟カレンダー』を贈ってくれる友人がいる。
楽しみに待っていたら今年も送ってきた。
有名な僧侶の書いた『禅語』が書かれている。

そのあいさつ文が気に入ったので紹介したい。
2015年を振り返って不正、偽装、違法のものつくりについて書かれていた。

有名電気メーカーの決算のごまかし、免震ゴム偽装、
横浜のマンション傾き問題、ドイツの自動車会社の排ガス違法などがある。

資本主義の根本は『お金を儲けること』でなく『信頼を共有する』人間関係で成り立ってる。
信頼をそこね反省の色が本物でなければ、お客さんが離れて市場から退場を余儀なくされるはずだ。

われわれは『メーカーの良心』を信じている。
だからこそ裏切り行為を許すことができない。

メーカーは『信頼』にこたえる『良心』を持ち続けることが大事と結ばれていた。

仕事をするというのは「私人」でなく「公人」であるという自覚がいる。
ややもすると、この境目があいまいになる。

公務員だけが「公人」でなく、仕事をすることは『公』に役に立つことで「公人」だ。
そこには信頼を裏切らないという『良心』を持ち続ける覚悟が居る。

だからこそ、人間に一本筋の通った姿勢と自覚が深まり、
仕事をすることの意義が人間を磨くことだといわれる所以である。

友人は『至誠』を貫く仕事の取り組みをしているに違いない。

そんな友人がいる。
同志がいることに励まされる。

「誠は天の道、誠をおさむるは人の道」と言う言葉がある。
人間は不安全に作られているのも事実だ。

仕事を発展、成長させるには、
信頼を獲得するため昨日よりは今日と心を高め良心に照らして、
誠を修める人の道を着実に一歩づつ歩む以外ない。

皆さんは仕事の姿勢いかが考えられますか?

no image

2020/09/22

「心を動かす」から感動する。

仕事通じて学ぶことがいっぱいある。仕事を創造していくことが楽しい。仕事を発展させることは同時に自己の成長に繋がるからだ。 ...

no image

2020/09/20

「意気色空を貫く」に思う

この言葉は友人の結婚式の寄せ書きに恩師の小田切先生が書かれた言葉だ。 当時は29歳で全く意味が解らなかった。「意」とは意 ...

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

-生き方
-