友人の贈り物のあいさつ文

投稿日:2015年12月22日 更新日:

毎年、年末になると『墨蹟カレンダー』を贈ってくれる友人がいる。
楽しみに待っていたら今年も送ってきた。
有名な僧侶の書いた『禅語』が書かれている。

そのあいさつ文が気に入ったので紹介したい。
2015年を振り返って不正、偽装、違法のものつくりについて書かれていた。

有名電気メーカーの決算のごまかし、免震ゴム偽装、
横浜のマンション傾き問題、ドイツの自動車会社の排ガス違法などがある。

資本主義の根本は『お金を儲けること』でなく『信頼を共有する』人間関係で成り立ってる。
信頼をそこね反省の色が本物でなければ、お客さんが離れて市場から退場を余儀なくされるはずだ。

われわれは『メーカーの良心』を信じている。
だからこそ裏切り行為を許すことができない。

メーカーは『信頼』にこたえる『良心』を持ち続けることが大事と結ばれていた。

仕事をするというのは「私人」でなく「公人」であるという自覚がいる。
ややもすると、この境目があいまいになる。

公務員だけが「公人」でなく、仕事をすることは『公』に役に立つことで「公人」だ。
そこには信頼を裏切らないという『良心』を持ち続ける覚悟が居る。

だからこそ、人間に一本筋の通った姿勢と自覚が深まり、
仕事をすることの意義が人間を磨くことだといわれる所以である。

友人は『至誠』を貫く仕事の取り組みをしているに違いない。

そんな友人がいる。
同志がいることに励まされる。

「誠は天の道、誠をおさむるは人の道」と言う言葉がある。
人間は不安全に作られているのも事実だ。

仕事を発展、成長させるには、
信頼を獲得するため昨日よりは今日と心を高め良心に照らして、
誠を修める人の道を着実に一歩づつ歩む以外ない。

皆さんは仕事の姿勢いかが考えられますか?

no image

2020/11/28

「奪い合うのか分かち合うのか」イデオロギーを超える

地球は大きく二つの勢力が闘い成長路線を歩んでいる。一つはアメリカ型の新自由主義とソ連型の国有化主義、さらには中国の様に一 ...

no image

2020/11/27

「自由主義」は自分を磨け羽ばたける社会

「武士道」を書いたのは新渡戸稲造だ。日本人の文化であり、人間形成の『道の精神』を世界に示そうとした書でもある。アメリカの ...

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

-生き方
-