この世の中はなぜ存在するか?

投稿日:2015年12月13日 更新日:

船井幸雄さんは、
『人間性を高め、人間の能力をできるだけけ開発し、楽しく生きる場』と考えると断言される。

私は思いどうりにならないこの世の存在は『苦しい修行の場』と思い込んでいた。
この世の中も自分の先入観念の抱き方で全く違って見える。

苦行の場だと『地獄』だ。
楽行の場だと『極楽』だ。

どこが違うかと考えると、
『地獄』は自ら進んで行動しない。
『極楽』は自ら進んで行動する。

日蓮聖人の言葉に、
『地獄と言うも極楽と言うも外には候らわず、ただ吾らの胸のうち
これを悟るを仏といい、これに迷うを凡夫と言う』

さて、楽しく生き人間性を高め人間形成するには三つの要因があると森信三先生は語られる。
1.遺伝的先天的資質
2.師教ないし先達による啓発
3.逆境による人間的試練

安岡正篤さんは楽しく生きるには、
『利を言うものは利己から始まる、道を語るものはまず修己から始まる』
自分の利己心、本能をコントロールすることだと諭される。

先人の教えから楽しく生きる場にするには『克己』であり、『修己』に尽きる。
今からでも遅くない、こつこつ実行だ。

皆さんは異口同音の先人の言葉いかが感じますか?

no image

2020/07/06

言葉の裏に行動がある

「致知」8月号に西村恵信先生の対談が掲載されている。 先日、恩師のお墓参りで興福寺にいって先生と話したところだった。 鈴 ...

no image

2020/06/26

「生物学的幸福感」について

時間があれば本屋さんに行くことにしてる。読みはしないが今どんな本が出されているのかを眺めることで、 時流が解るというか、 ...

no image

2020/06/25

「天上天下 唯我独尊」「三界皆苦 吾当安此」

お釈迦さんが生まれて七歩歩いて行ったという言葉が「天上天下 唯我独尊 三界皆苦 吾当安此」である。 バラモン教が支配的だ ...

no image

2020/06/24

「自己変革」し続けることが会社を持続的に発展させる

石材業界は建築や墓石、記念碑に庭の仕事を入れても5000億市場である。 その市場も墓地不足といわれた時期から比べると半減 ...

no image

2020/06/22

日々新たに

今朝(6月21日朝)、少し早く起きたので5時から始まるNHKの「心の時代」を見た。 臨済宗妙心寺派の正眼寺の山川宗玄老師 ...

-生き方
-