この世の中はなぜ存在するか?

投稿日:2015年12月13日 更新日:

船井幸雄さんは、
『人間性を高め、人間の能力をできるだけけ開発し、楽しく生きる場』と考えると断言される。

私は思いどうりにならないこの世の存在は『苦しい修行の場』と思い込んでいた。
この世の中も自分の先入観念の抱き方で全く違って見える。

苦行の場だと『地獄』だ。
楽行の場だと『極楽』だ。

どこが違うかと考えると、
『地獄』は自ら進んで行動しない。
『極楽』は自ら進んで行動する。

日蓮聖人の言葉に、
『地獄と言うも極楽と言うも外には候らわず、ただ吾らの胸のうち
これを悟るを仏といい、これに迷うを凡夫と言う』

さて、楽しく生き人間性を高め人間形成するには三つの要因があると森信三先生は語られる。
1.遺伝的先天的資質
2.師教ないし先達による啓発
3.逆境による人間的試練

安岡正篤さんは楽しく生きるには、
『利を言うものは利己から始まる、道を語るものはまず修己から始まる』
自分の利己心、本能をコントロールすることだと諭される。

先人の教えから楽しく生きる場にするには『克己』であり、『修己』に尽きる。
今からでも遅くない、こつこつ実行だ。

皆さんは異口同音の先人の言葉いかが感じますか?

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

no image

2020/11/15

「東洋的な自由」

トランプ大統領が敗北宣言をしないのは「自由」に対しての考え方が法による自由だからである。 世界で初めて共和国を創ったのは ...

no image

2020/11/13

「中庸」と「中道」の違い

孔孟と言われるのが一般に儒教で老荘が道教だ。「中庸」は論語の雍也第六「子曰わく、中庸の徳たるや、其れ至れるかな。民鮮きこ ...

-生き方
-