この世の中はなぜ存在するか?

投稿日:2015年12月13日 更新日:

船井幸雄さんは、
『人間性を高め、人間の能力をできるだけけ開発し、楽しく生きる場』と考えると断言される。

私は思いどうりにならないこの世の存在は『苦しい修行の場』と思い込んでいた。
この世の中も自分の先入観念の抱き方で全く違って見える。

苦行の場だと『地獄』だ。
楽行の場だと『極楽』だ。

どこが違うかと考えると、
『地獄』は自ら進んで行動しない。
『極楽』は自ら進んで行動する。

日蓮聖人の言葉に、
『地獄と言うも極楽と言うも外には候らわず、ただ吾らの胸のうち
これを悟るを仏といい、これに迷うを凡夫と言う』

さて、楽しく生き人間性を高め人間形成するには三つの要因があると森信三先生は語られる。
1.遺伝的先天的資質
2.師教ないし先達による啓発
3.逆境による人間的試練

安岡正篤さんは楽しく生きるには、
『利を言うものは利己から始まる、道を語るものはまず修己から始まる』
自分の利己心、本能をコントロールすることだと諭される。

先人の教えから楽しく生きる場にするには『克己』であり、『修己』に尽きる。
今からでも遅くない、こつこつ実行だ。

皆さんは異口同音の先人の言葉いかが感じますか?

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

no image

2020/09/04

「傲慢と高慢」に思う

稲盛語録に「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」 新しいことをするには「こうありたい」と夢と希望をもって超 ...

no image

2020/09/03

「世界のパワーシフト」

世界経済はコロナウイルスによって、新しい局面を迎え、大きく変貌せざるを得ないのが実情だ。 まずは消費の在り方だ。 三蜜を ...

-生き方
-