謙虚・素直・孤独

投稿日:2015年12月4日 更新日:

船井幸雄さんは、
『謙虚な人は周りからも好感を持たれ、多くの人から好かれるようになります。
なお、相手を選ばず、物事を選ばず、何事からも学ぼうと、
いつも謙虚な態度を取れるように努力しているのが良い.』

凡人の私は知識もないし、相手が何を考えているのか解らないので、
ついつい下出にでていればいいという態度を取る。
体験と知識が未熟な時期にはこの態度を謙虚だと錯覚する。

松下幸之助さんは、
『素直さを失ったとき、逆境は卑屈を生み、順境は自惚れを生む。
逆境、順境そのいずれをも問わぬ。
それはその人のその時に与えられた一つの運命である。
ただその境涯に素直に生きるがいい。』

凡人の私は順も逆もなく分別せず、事実に向き合えない。
逆境は他責、順境は自責の判断をしている。

頭山 満さんは
『一人でい淋しくない人間になれ』

この人物は中村天風にスパイを命じた人だ。
若いときは「沈黙は金」といわれても理解ができなかった。
相手が話してくれないで黙ってしまうと『何を考えてるか』わからなくなり、
不安感や恐怖感がやってくる。
『何か悪いことしたか言ったか』自虐的にもなる。

たぶん勝気な人にはない心の動きだ。
でも自問自答し自分を見つめるときは『沈黙』は内省できるひと時となる。
何も考えず、自分を放り出したとき『ほんとの自分がいる』。

すべての社会関係や自分の価値観からも開放された時は淋しくないのだ。
論語に『徳は孤ならず必ず隣りあり』とある。
沈黙の徳を掴み取ることだ。

御釈迦さんは『天上天下唯我独尊』と言ってるが、
その心境にはなれない自分がいるから、
毎日の仕事や生きることに真剣になり、楽しむこともできるに違いない。

皆さんは先人のキーワードにどう感じますか?

no image

2020/11/28

「奪い合うのか分かち合うのか」イデオロギーを超える

地球は大きく二つの勢力が闘い成長路線を歩んでいる。一つはアメリカ型の新自由主義とソ連型の国有化主義、さらには中国の様に一 ...

no image

2020/11/27

「自由主義」は自分を磨け羽ばたける社会

「武士道」を書いたのは新渡戸稲造だ。日本人の文化であり、人間形成の『道の精神』を世界に示そうとした書でもある。アメリカの ...

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

-生き方
-