自然と放任の違い

投稿日:

自然と放任の違い
馬を躾けるのに『無理、困難、束縛を排する』と言って、
すでに緊張してバランスを崩してることを考えずに、馬に任せるようなことすると、
本来馬が持ってる能力や自然な動きが発揮できなくすることになる。

これこそ『放任』である。

「自然馬術」は今すぐ矯正したり、逆にただ放任したりしてできるのでなく、
また単なる、慣れや、筋肉増強の延長線上にもない。
高次に質的転換された『技』と呼べる動きを『自然』にできるように、
時間をかけて追求するやり方だ。

自然農法で有名な愛媛の福岡正信翁も同じように『自然農法』の先駆者である。
彼は砂漠でも農作物は育つと断言する。

一切の除草剤、防虫剤、化学肥料を使わずに作物を収穫するのだ。

会社も同じだ。
商品やサービスを世のなかに提供することをするのだが、
その前に人材育成が一番の重要度がある。

マニュアルで人を縛ったり、考えない作業員を育てる仕組みではいけない。
毎日仕事して、活き活きわくわくする『自燃性』の人材を育成することだ。

禅の六祖慧能大観は『善も悪も思わないでいる時、その時こそ本来のそなただ』と、
二元論の分別知を離れ、わくわく活き活き命から行動することで、
本能的な利己心の支配から開放され、苦しみ、
迷い悩みからも解放される方法だと教えてる。

知識では解るが、自分の心のスイッチを切り替えできないのも事実だ。

皆さんは放任、自然、どちらの行動してますか?

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

no image

2020/11/15

「東洋的な自由」

トランプ大統領が敗北宣言をしないのは「自由」に対しての考え方が法による自由だからである。 世界で初めて共和国を創ったのは ...

no image

2020/11/13

「中庸」と「中道」の違い

孔孟と言われるのが一般に儒教で老荘が道教だ。「中庸」は論語の雍也第六「子曰わく、中庸の徳たるや、其れ至れるかな。民鮮きこ ...

no image

2020/11/04

「強い心」は自分で創る

人間は基本は弱い動物である。丸裸では寒さや暑さを避けられない。そこで、「考える」という知恵を与えられている。狩猟時代は雨 ...

-生き方
-