私の理想の会社

投稿日:2013年10月1日 更新日:

海賊と呼ばれた男、出光佐三さんが目指した会社が私の理想だ。
欧米の権利や義務やといった法律やルールも必要なのもわかる。

終戦で残った社員1000人を一人もクビにせず、
「最後に残った唯一の資本じゃないか」と「人間尊重」をとなえ、
「この戦争で本当の意味で負けたのはアメリカだ。原爆を落としたからだ。
 正義と人道主義を放棄した。」と昭和20年8月に語った。

会社には「タイムカードもなく、出勤簿もない、クビもない。定年制もない。組合もない」
何故なら家族だからだ。
69歳のとき、世界最大のタンカー「日章丸」を建造し、非常に危険な係争地イランでの、
石油買取に成功し信頼関係を築いたのもすごいことだ。
私利私欲なく天下国家を考え常に新しい道を切り開いていく姿には共感する。

人間である限り私利私欲がないことはなく、
私利私欲より大きく〔利他行〕天下国家をよくする大望〔志〕があったのだ。

できるなら私も、仲間のために、お客さんのために、
地域のために、業界のために、国のために世界のためにと志を高めていくことで、
私利私欲に打ち勝ち理想の会社を作りたい。

昔は世の中には裏でコントロールする不気味で力のある人物を「黒幕」といった。
私は力もなく、行動力や戦略的な構想力、勇気もずば抜けてないが、
自分の理想をかざし表で「白幕」を目指して、
正々堂々と真正面から商いの本物を体得したい。

京セラの稲盛和夫さんの「動機善私心なかりし」「誰にも負けない努力」
考え方×熱意×能力=仕事・人生の成果を信じ、
土俵の真ん中で「ど真剣に仕事をする」そんな自分と向きあい、
理想の会社を目指したい。

みなさんの理想の会社はどんな会社でしょうか?

no image

2020/05/25

プリズンドックプロジェクト

アメリカの18歳から25才の殺人や殺人未遂の重犯罪者の再犯防止のプログラムだ。 再犯率は40%あり、更生者を増やすのが目 ...

no image

2020/05/19

一円に人は納まる

二宮金次郎(尊徳)は小田原藩の武士にまでなる人物になるのは、 薪を担いで本を読む石像が小学校にある。本は「大学」を読んで ...

no image

2020/05/18

「疫病」は人間の意識を変える力がある。

祇園祭と言えば夏の京都の三大祭りの一つであるが、これは869年インフルエンザが流行し、 それは御霊のせいだということで御 ...

no image

2020/05/15

コロナウイルスが教える「哲学の地動説」

コロナウイルスが教える「哲学の地動説」 マルクスの唯物弁証法と唯物史観からの脱却の時期が来た。言い換えると個人主義と集団 ...

no image

2020/05/14

共生社会の時代へ

コロナウイルスで世界はいまだにイデオロギー論争をしてお互いのエゴ(利己心)をむき出しにしているのが現状だ。 自由と民主主 ...

-生き方
-