一休の印可状に思う

投稿日:2015年11月15日 更新日:

禅の修業をして悟ったら師匠から『印可状』といって、
何者にも振り回されず、自由で自在に生きるコツを得た証にもらうのである。

言い換えると相対的に考える二元論(分別知)から離れたものの見方ができる。
道元は『心身脱落』と言って相対性を抜けた。

さて面白いのは一休禅師だ。
一休は建仁寺で漢詩を習っていて、王昌齢の『長信秋詞』を引用して、
鴉(からす)に格好は羅漢のようにしてるが、
二十年前の本心の荒っぽいやり方、怒り、
情に惑わされる自分の心が変わってないと見破られたという。
「鴉を聞いて省あり」と言う詩を書いた。

華叟和尚に『汝こそ真の作家』と印可をもらった。
その印可状を破ってしまったのである。

五十五歳になった一休は周りのものに「印可状保存していないか」と問うた。
門人は糊で張り合わせ持ってきた。

すると一休はそれを燃やしてしまったのである。

一休の真意は『肯心自許』(自ら納得する)することであった。
他人に印可をもらうとは相対性から離れていないことになるからだ。

私は45歳ぐらいのとき恩師小田切瑞穂先生にに認めてほしいといったことがある。
その時『人からもらうものではない』と諭されたことを思い出す。

人間は人から必要とされ認めてもらいたいものであり、
お互いが支えあって生きていかねばならない存在だ。

当然、喜怒哀楽の世界を一瞬一瞬味わっている迷いのなかにいて、愚かな存在だ。
反省と感謝の日々にこそ自分がある。

ところが、他人や事実を自分の都合の良いように変えようと素直になれない自分が出てくる。

皆さんは肯心自許されていますか?

no image

2020/09/22

「心を動かす」から感動する。

仕事通じて学ぶことがいっぱいある。仕事を創造していくことが楽しい。仕事を発展させることは同時に自己の成長に繋がるからだ。 ...

no image

2020/09/20

「意気色空を貫く」に思う

この言葉は友人の結婚式の寄せ書きに恩師の小田切先生が書かれた言葉だ。 当時は29歳で全く意味が解らなかった。「意」とは意 ...

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

-生き方
-