大欲は無欲に似たり

投稿日:2015年11月14日 更新日:

大欲は無欲に似たり

一休禅師に祈祷を頼みに来た老人がいる。
『私は80歳になりますが、後20年長生きしたいのです。』
一休禅師答えて言いました。
『たった20年でいいのですか。なんと欲の少ない人だ。』
老人驚いて言い直しました。
『家、できればあと40年ほど長く行きたいとおもいます。』
『これは、ますます欲の少ない人だ』
『ではあと100年』

ここで一休禅師は諭しました。
『50年や100年長生きしても同じことだ。そんな小さな欲でなく、
なぜ永遠に生きようという大きな欲を持たないのだ。
仏さんは永遠に生きる道を解いているのだ。」

花は散ってもまた次の年には花が咲きます。
川の水は流れ去っても、流れは永遠に続きます。
人の肉体は滅びても、また自然に返り、新しい生命の源となります。
魂は仏になって、永遠に生き続けるのです。

これは実に面白い諭であります。

人間は欲望によって苦しみます。
欲望は大ほど浅ましく卑しいものとされています。

しかし、仏法は『小欲を捨て、大欲にたつ』ことを解くのですね。

ちっぽけな欲を超越する大きな欲を持てば、煩悩に煩わせることはないというのだ。
だからこそ、かえって謙虚になれるのである。

他人をうらやんだり、憎んだりするのは『自分のもの』『他人のもの』と分別するから起こるのである。
この分別するこことが他人から『奪う』と言う発想になり、
あるいは自分のもののように振舞ったりするのである。

他人と自分の垣根をなくし『自他不二』になれば、
すべてを共有すると考えられる。

私「と」あなたでなく、私『の』あなたになる。
まさに、大欲は無欲に似たりとなる訳である。
「永遠」と言う大欲をもってこそ楽しい人生が目の前にやってくるに違いない。

皆さんは『と』の世界観ですか?『の』の世界観ですか?

no image

2020/03/22

「渋沢栄一の論語講義」に学ぶ

ドラッカーの経営学が社会学にまで高められたのは、 儒教をベースにした観点であり、 日本で、その代表格の人物は渋沢栄一だと ...

no image

2020/03/20

「災難に逢うときは災難に逢うがよろしかろ」良寛

世界中がコロナ感染症に対していろんな手を打っているのは実情だ。 個人として感染を広げないためには、 自宅で自粛して大勢が ...

no image

2020/03/18

「自他不二」をどう表現するか?

私の好きな言葉で仕事部屋の額に飾っている。 この意味はどういうことかよく聞かれるので、 山頭火の言葉を引用する。 何事に ...

no image

2020/03/17

企業の定義が変化しだす時代

アメリカでは株主利益第一主義でなく、ESG(環境、社会、企業統治) をめざし、公益資本主義と言われるような時代になってき ...

no image

2020/03/17

経営するとは自分を経営すること

論語は政治をいかに経営するかが書かれている指南書である。 郷党第十には孔子の人柄、日常の生活の在り方や、 目上の人と接し ...

-生き方
-