世の中は思いどおりになる

投稿日:2015年11月6日 更新日:

松下幸之助さんの言葉だ。
『何事も行きづまれば、先ず自分の味方を変えることである。
案外、人は無意識の中にも一つの見方に執して、他の見方のあることを忘れる。

自分に見方を変えれば、世の中はおもいどおりになるわけです。
もちろん、自分のおもいどおりになるといっても間違ったことを考えて、
それでその通りになるかというと、そんなバカなことはない。
やはり、自分の思うことがだいたい正しい時に、その通りになるわけです。
私はそう信じています』

この文章には2つのキーワードがある。
『正しいこと』の意味と『熱心に続ける行動力』

松下さんは『正しい』とは天に恥じないこと、みんなが喜ぶことを言っておられる。
お役に立つことを実行することだ。

もうひとつは、やり続ける努力がいる。
「熱心さは必要に迫られて、切羽詰ったら自然に生まれる。
そして。誠実に、素直な心で、
自分の境遇自分の置かれている状況と言うものを見つめたならば、
自然に感謝の心も生まれ、これに報いるために何をすべきかと言うことが解る。 
それが使命感だ。」

熱意を持ちあきらめないで行動し続ける中に生まれてくるのは死命であり、志が高まるのである。
松下幸之助さんは、それには切羽詰ることだというのである。
言い換えると真剣に自分の命を全うに使うのである。
そうすれば誰でも世の中思いどおりになると断言する。
優しく語られるがすごい希薄を感じざるを得ない。

皆さんは世の中思いどおりになっていますか?

no image

2020/09/22

「心を動かす」から感動する。

仕事通じて学ぶことがいっぱいある。仕事を創造していくことが楽しい。仕事を発展させることは同時に自己の成長に繋がるからだ。 ...

no image

2020/09/20

「意気色空を貫く」に思う

この言葉は友人の結婚式の寄せ書きに恩師の小田切先生が書かれた言葉だ。 当時は29歳で全く意味が解らなかった。「意」とは意 ...

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

-生き方
-