世の中は思いどおりになる

投稿日:2015年11月6日 更新日:

松下幸之助さんの言葉だ。
『何事も行きづまれば、先ず自分の味方を変えることである。
案外、人は無意識の中にも一つの見方に執して、他の見方のあることを忘れる。

自分に見方を変えれば、世の中はおもいどおりになるわけです。
もちろん、自分のおもいどおりになるといっても間違ったことを考えて、
それでその通りになるかというと、そんなバカなことはない。
やはり、自分の思うことがだいたい正しい時に、その通りになるわけです。
私はそう信じています』

この文章には2つのキーワードがある。
『正しいこと』の意味と『熱心に続ける行動力』

松下さんは『正しい』とは天に恥じないこと、みんなが喜ぶことを言っておられる。
お役に立つことを実行することだ。

もうひとつは、やり続ける努力がいる。
「熱心さは必要に迫られて、切羽詰ったら自然に生まれる。
そして。誠実に、素直な心で、
自分の境遇自分の置かれている状況と言うものを見つめたならば、
自然に感謝の心も生まれ、これに報いるために何をすべきかと言うことが解る。 
それが使命感だ。」

熱意を持ちあきらめないで行動し続ける中に生まれてくるのは死命であり、志が高まるのである。
松下幸之助さんは、それには切羽詰ることだというのである。
言い換えると真剣に自分の命を全うに使うのである。
そうすれば誰でも世の中思いどおりになると断言する。
優しく語られるがすごい希薄を感じざるを得ない。

皆さんは世の中思いどおりになっていますか?

no image

2020/07/11

「道心」

「道心の中に衣食あり 衣食の中に道心なし」伝教大師最澄の「伝述一心戒文」の中にある言葉だそうだ。 この言葉は恩師の小田切 ...

no image

2020/07/06

言葉の裏に行動がある

「致知」8月号に西村恵信先生の対談が掲載されている。 先日、恩師のお墓参りで興福寺にいって先生と話したところだった。 鈴 ...

no image

2020/06/26

「生物学的幸福感」について

時間があれば本屋さんに行くことにしてる。読みはしないが今どんな本が出されているのかを眺めることで、 時流が解るというか、 ...

no image

2020/06/25

「天上天下 唯我独尊」「三界皆苦 吾当安此」

お釈迦さんが生まれて七歩歩いて行ったという言葉が「天上天下 唯我独尊 三界皆苦 吾当安此」である。 バラモン教が支配的だ ...

no image

2020/06/24

「自己変革」し続けることが会社を持続的に発展させる

石材業界は建築や墓石、記念碑に庭の仕事を入れても5000億市場である。 その市場も墓地不足といわれた時期から比べると半減 ...

-生き方
-