『苦』も現実

投稿日:2015年10月4日 更新日:

日経新聞の夕刊を読んでいたら、西岡直樹さんの記事が載っていた。
戦後生まれのわれわれが育った時代は、まだ食べ物も衣類も住まいも整っていず貧しかった。

近所や周りのみんながそうだったから「苦」にもならなかった。
もちろん庄屋さんや事業家の人で金持ちや立身出世した人はいたが、
うらやましいとは思わなかった。
そんな人とは縁がないと決め込んでいたか、親がそんな人の話はしなかったせいで、
知らなかったために、ひがんだり、親を攻めることはなかった。
貧乏だから、何とか親の役に早く立ちたいと子供心に思っていた。

エッセイストの西岡さんがインドの西ベンガル州から帰ってこられて、
ベンガルに今でもある風習を詳しく書かれている。
この地方では赤ちゃんが生まれると7日目、
枕元にターラ樹の葉の短冊と葦ペンを置く習慣があるそうだ。
そこにビィダーター(創造主)がその子の運命をかき記す。
それは絶対に変えることができないものといわれている。

西岡さんは語られる。
「だからでしょうか、自分に降りかかった出来事や変えられない境遇は運命として受け止め、
それを積極的に取り込んで生きようとする明快さが、どの人にも感じられる。
『苦』をも単に『悪』とはとらえず、一つの生として受け入れ、乗り越えていく。

豊かで便利な暮らしだけを求めるに値するものと考えがちな私たちの目には、
貧しい家に生まれたとしてもくよくよせず、現実を明るく受け止めて、
お金儲けにも精を出すベンガルの村人の潔い生き様が力強く映る。」

戦後のモノのない時代にあったのは、現実の『苦』を乗り越え『楽』を作る。
「弱き」を助け「強き」をくじき、悪を憎んで善をしようとする良心があった。
そうすることで「貧乏だが心は錦だ」という誇りもあったように思う。

モノが豊かになった故に、逆に心が貧しくなっているだけでなく、
『苦』を避け、『悪』に立ち向かわず、自分だけを守る主義に偏っていないだろうか?
この記事を読んで、おおいに反省させられたし、
もっと勇気を持って行動することの大切さを再認識した。

『苦』から逃げず、それは自らの命に与えられた試練と受け止め、
乗り越え生きるプロセスを楽しむことこそが自分の道がであり、人生だ。

皆さんはいかが思われますか?ベンガルの人たちのこと?

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

no image

2020/11/15

「東洋的な自由」

トランプ大統領が敗北宣言をしないのは「自由」に対しての考え方が法による自由だからである。 世界で初めて共和国を創ったのは ...

no image

2020/11/13

「中庸」と「中道」の違い

孔孟と言われるのが一般に儒教で老荘が道教だ。「中庸」は論語の雍也第六「子曰わく、中庸の徳たるや、其れ至れるかな。民鮮きこ ...

no image

2020/11/04

「強い心」は自分で創る

人間は基本は弱い動物である。丸裸では寒さや暑さを避けられない。そこで、「考える」という知恵を与えられている。狩猟時代は雨 ...

-生き方
-