理性と感性の主人になる。

投稿日:2015年10月3日 更新日:

仏教の言葉に「自利利他」と言う言葉がある。
「利他自利」でもあるだろうが、全く矛盾する言葉が一つになってる。
他にもある「物心一如」身体がと心は一つで動いてる。
これも事実だ。

さて、人間には基本的に自分を守ろうとする本能と楽しもうとする本能の二つがある。
言い換えると「知りたい」と「楽しみたい」である。
知りたいは理性を生む。
楽しみたいは感性を目覚めさす。

私たちは日々判断をして生きている。
右か左か上か下か?
それは何を基準に判断するかである。

脳と理性で考えると「○×」「損得」「善悪」が判断基準となる。
肉体と感性で考えると「好き嫌い」「快不快」「苦楽」判断基準となる。

この二つの自分が矛盾を作り出すから悩む。
大事なことは事実を素直に「ありのまま受け入れる」。

「事実を受け入れる」と自分にとっていいことも悪いことも受け入れることになる。
ここからが自分がほんとに自分の人生の主人公で生きてるか勝負であり、智慧の出番である。

臨済禅師は「四料簡」(四つの考え方)と言う比喩を残している。

1.鐘が鳴るか撞木が鳴るか?
鐘は鳴らない鐘木は鳴る。(自己中心で主観的)
2.鐘が鳴るか撞木が鳴るか?
撞木ならない鐘が鳴る。(他者中心で迎合し奴隷的)
3.鐘が鳴るか撞木が鳴るか?
鐘と撞木の間で鳴る。(傍観者的)
4.鐘が鳴るか撞木が鳴るか?
鐘と撞木で音がする。(正反合の弁証法的飛躍)

人間の考え方の四種類ですが、
今も変わってないのではないでしょうか本質は?

実に人間は面白いですね。
こんなこと考え毎日独自の判断で生きている。
因果応報とはよく言ったモノだ。
仕事や人生のモノでも人でも出来事でも、
「出会い」を自分のものに取り込めば、
自分の音域を何オクタープ上げてくれるか楽しみだ。(成長する)

皆さんは楽しく生きるのに理性、感性の主人になってどう扱ってますか?

大阪石材社長ブログ

2021/02/25

「菜根譚」に学ぶ(第三)

中国で儒教が統一されたのは諸子百家を経て、前漢の時代の董仲舒(とう ちゅうじょ)(BC176年~)が陰陽五行説などと結び ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/24

「維摩経ファンタジー」という本に学ぶ

お経にファンタジーと書かれた天女が舞う挿絵がカバーの本が届いた。仏教経典は漢文で書かれていて、紐解くのに大変苦労する。ま ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/18

「コロナショック」バブル崩壊がやってくる

金融市場は日本の株価がダウ平均3万となり、ニューヨークの株価もダウ平均3万ドルを超えている。実体経済はコロナで成長どころ ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/17

「井原西鶴」に学ぶ

生國魂神社は大阪の上本町にある。縁あって「結の玉」を奉納させていただいた。ホームページを見ていただければ写真が載っている ...

大阪石材社長ブログ

2021/02/17

「無用の用」に思う

マスコミはコロナウイルスが早く終息して緊急事態宣言が解け、平凡な日常生活が戻ることを声高にまくしたてている。政府を攻撃し ...

-生き方
-