見えざる手

投稿日:2015年8月22日 更新日:

『見えざる手』これはアダムスミスの言葉である。
大阪大学大学院教授の堂目卓生先生は、
この自然からの『見えざる手』という表現は彼の論文の中で一箇所しか見られない。
それだけにスミスは思いを込めた哲学的な言葉だったに違いないと語られる。

「道徳感情論」に「国富論」はアダム・スミスの有名な著書だ。
近代の科学文明のベースを創ったといっても過言でない哲理だ。

論語に「衣食足りて礼節を知る』という言葉がある。
まさにこれと同じである。
利己心からスタートする利益追求が社会と接点を持つことにより、
利他心(公共心)に精神が涵養されることを『見えざる手』といった。
さらに堂目先生は、

『こうして個人はしばしば、社会の中で働き、そこから利益(自利)を得ようとするとき、
実際にそれを促進するプロセスで、自己の利益よりも社会を効果的に機能させるように働きかける。
ここに人間の本姓がある。何か別の原理を見出すことができるのだ。』

スミスも堂目先生も人間の関係が社会的に広がれば、
人間の心の奥にある『利他心』が働くと考えられたのである。

仏教でも『自利利他』と考え、別のものでなく一如のものだとといている。
『煩悩即菩提』も迷いの中にこそ澄み切った菩提心(利他心)があるとも諭してる。

現実の世界は『見えざる手』によって平和や繁栄がなされているか?
競争と奪い合いの世界だから仕方ないと自己中心的な人が自らの利益を得てる更に増やそうとしてるのか?

アダム・スミスの人間が動物を超えた存在としての哲学的深い意味において、
人間の本性に目覚める願いを現代を生きる私の胸に強く問いかけてくる思いがする言葉だ。

皆さんは見えざる手でどんな活動されていますか?

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

no image

2020/09/04

「傲慢と高慢」に思う

稲盛語録に「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」 新しいことをするには「こうありたい」と夢と希望をもって超 ...

no image

2020/09/03

「世界のパワーシフト」

世界経済はコロナウイルスによって、新しい局面を迎え、大きく変貌せざるを得ないのが実情だ。 まずは消費の在り方だ。 三蜜を ...

-生き方
-