二心異体とは

投稿日:2015年7月25日 更新日:

感性論哲学の芳村思風さんがおっしゃってるのは、
『矛盾を生きる』
理性は答えが一つと効率や合理性を見つけるため、
排除の論理であるとおっしゃられる。

近代社会はこの理性によって技術的なことが発見され、
工業化社会が発展し、モノが豊かに生産された。
しかし一方では理性は対立を生み戦争が絶えないのである。

次の時代は『感性の時代』と断言されるのが思風先生だ。
感性の特徴はキリスト教で言うアガペ(与える愛)であり、
仏教的には利他行である。

理性的に分別するのでなく、すべての命に愛を与える。
これは同種を前提とするのでなく異種を前提としなければできない。
先生は感性の時代こそ『矛盾を生きる』
理性のように同種を求め異種を排除しないことが最も重要だとおっしゃる。

さて、先日モラロジー研究所が発行してる『ニューモラル』という雑誌のなかに、
『二心異体』という言葉があったので何気なく読んでいたら、
夫婦とはどういうものかということが書いてあった。

将に、思風先生がおっしゃられる「矛盾を生きる」修行の場が夫婦なのである。
文章の冒頭に「ガツン」と頭をたたかれたような表現が目に入ってきた。

「夫婦だから一心同体ではない」
「一心同体」は思い込みだ。

なぜ、もっと早く教えてくれなかったのかと、もどかしさが込み上げてきた。
「過去の無駄な喧嘩することなかった」と思わず発した。

生まれも育ちも性格も違うのだから、一緒にするのでなく、
相手の長所に目をむけ事実を素直に受け入れることが最も必要だと解かれてる。

錯覚していた自分に気づいたのであるから、
これからは二心異体の素晴らしさを味わえることになる。

今までは家庭と社会は違うと勝手に思い込んでいたに過ぎない。

自分と同じ価値観であると発想するのは精神的に幼稚な独りよがりか、
ヒットラーのように傲慢になった独善に違いないのである。

夫婦は互いが尊敬し合えることが必要条件で、
互いが自らを磨くことは充分条件である。

松下幸之助さんは信長、秀吉、家康の「殺す」、「鳴かせる」、「鳴くまでまとう」のホトトギスのたとえで、「鳴かない鳥もいるな」と事実を素直に受け入れ答える。

名経営者は「二心異体」と個々の価値観を認め受け入れて経営した達人だ。
事実に「素直」。
やり直しはきかないが、出直しはできる。(恥ずかしい)

皆さんは一心同体派ですか?二心異体派ですか?

大阪石材社長ブログ

2021/04/11

「楽天知命、故不憂」に思う

「楽天知命、故不憂」は『易経』の中にある一文だ。意味=天を楽しみ命を知る。故に憂いなし。『辞海』という辞書によると天と命 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/09

「知識労働者」こそ付加価値を産む

1969年の「断絶の時代」という著書の中でドラッカーは情報化社会の働き方が大きく変わることを予言していた。日本は1970 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/05

「母親の口癖」に思う

昭和20年代後半の私が幼稚園に行くまでは、少し悪いことをすると母親は「お父さんに言うよ」と言ったものだ。戦争帰りの親父は ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/03

「中道」に思う

「八不中道(はっぷちゅうどう)」という言葉が竜樹(りゅうじゅ)の「中論」にある。また「三論」にも書かれている。「中論」の ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/30

「寺子屋経営」の時代が来た

戦後の日本経済を振り返ってみると、昭和30年代後半頃から中学卒業と同時に集団就職で上京した「金の卵」と言われた若者たちは ...

-生き方
-