自分の今を生きる「動機善私心なかりし」

投稿日:2015年7月26日 更新日:

どんな人も幸福でありたい、仕事も成功したいと考えるのは当然だ。
問題は、どうすればその状態を創れるのかである。

お金があるからできるのでもなく、社会的地位があるからでもない。
自分にあった仕事があるわけでもない。

自己中心的に本能や私利私欲の命ずるままに、どう生きるかを考えることではない。
大自然からいただいた命に感謝し、
生かされてる命を使って世のために人のために何をするか考え行動することである。

栗城史多さんは29歳で、無酸素登頂に成功した。
彼は断言する。

「成功の反対は失敗ではなく、何もしないことだ。」

今、生かされてる命をどう燃やすのかに集中すれば道は開くのである。

日本の陽明学の祖といわれる近江聖人の中江藤樹は道歌で、

「悔やむなよ、ありし昔は是非もなく、
ひたすらただせ、当下一念」

今、真剣に集中して誠心誠意を込め行動しろと自分に問う。

われわれは本当に真剣に幸せなり、成功したいとおもってるのでしょうか?
実は本気でなく、できたらそうなりたいと考えてるとしたらどうでしょうか?
京セラの名誉会長の稲盛さんのように「誰にも負けない努力」はできません。

なぜなら思いがいい加減だからですね。
強く強く思はなければ智慧も出ないし行動もしないのが当然だ。

ことわざに、
「 実力の差は努力の差
実績の差は責任感の差
人格の差は苦労の差
判断力の差は情報の差 

真剣だと智慧が出る
中途半端だと愚痴が出る
いい加減だと言い訳ばかり

 本気でするから大抵のことができる
本気でするから何でも面白い
本気でしているから誰かが助けてくれる」

最後に王陽明が言ってる言葉に救われた。
「山中の賊は破るは易し
心中の賊は破るに難し」

ほんとに本能や私利私欲に勝って、
自分が自分の主人になるためにも今を大事にすることだ。(反省)
「動機善私心なかりし」

皆さんは幸福になりたい本気ですか?

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

no image

2020/09/04

「傲慢と高慢」に思う

稲盛語録に「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」 新しいことをするには「こうありたい」と夢と希望をもって超 ...

no image

2020/09/03

「世界のパワーシフト」

世界経済はコロナウイルスによって、新しい局面を迎え、大きく変貌せざるを得ないのが実情だ。 まずは消費の在り方だ。 三蜜を ...

-生き方
-