暑中見舞い

投稿日:2015年7月23日 更新日:

梅雨も明け、夏が本格的になろうとする時期になった。
ところが今年は台風が連続にやってきて、
明日、あさってには沖縄から朝鮮半島に向かうそうだ。

雨は植物にも、人間の飲料水にもなるので天の恵みだが、
同時に山間部では土砂崩れや川下の川の氾濫を引き起こし、
家が浸水するところもでて、自然の驚異を感じざるを得ない。

さて、毎年この時期は暑中を見舞うはがきを出す習慣になってる。
基本は『暑中お見舞い申し上げます』と大きな文字で書くのだが、
私はいつも、自分の気に入った言葉を書くようにしてる。

今年は『両忘』という仏教の言葉を書いた。
意味は善悪、損得、好き嫌いと二元的に物事を考えることをするなという教えである。
仏教では『一如』とか『不二』という表現をする。
たとえば『物心一如』
日頃使い慣れてないので、
合理性の発達した現代人には矛盾した言葉が一緒になってると感じるらしい。

江戸時代の仙崖和尚が茶を味わうのに、
『心術並びに忘ずるところに、一味常に顕わる』
意味は心で感じるとか、作法どうりに茶をたてることを一切忘れたところに、
ほんとの味が顕れるというのである。(あれこれへ理屈こねるなということだ)

楽しみは返信の暑中見舞いである。
絵を描いてるのもあれば言葉を添えたものもある。
今年の一番気に入った見舞い状は、

『まねて学ぶより、転んで気づく方が身に付きやすい。』

理屈より体得ということでしょうね。
理論武装して自分を守るのでなく、
今、ここで体当たりで真剣に生きればよいということだ。
実に素晴らしい言葉のプレゼントだが、100%実践できてるかは疑問だ。
参った、参った!

皆さんは素の自分で体当たりしていますか?

大阪石材社長ブログ

2021/04/11

「楽天知命、故不憂」に思う

「楽天知命、故不憂」は『易経』の中にある一文だ。意味=天を楽しみ命を知る。故に憂いなし。『辞海』という辞書によると天と命 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/09

「知識労働者」こそ付加価値を産む

1969年の「断絶の時代」という著書の中でドラッカーは情報化社会の働き方が大きく変わることを予言していた。日本は1970 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/05

「母親の口癖」に思う

昭和20年代後半の私が幼稚園に行くまでは、少し悪いことをすると母親は「お父さんに言うよ」と言ったものだ。戦争帰りの親父は ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/03

「中道」に思う

「八不中道(はっぷちゅうどう)」という言葉が竜樹(りゅうじゅ)の「中論」にある。また「三論」にも書かれている。「中論」の ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/30

「寺子屋経営」の時代が来た

戦後の日本経済を振り返ってみると、昭和30年代後半頃から中学卒業と同時に集団就職で上京した「金の卵」と言われた若者たちは ...

-生き方
-