大学に学ぶ

投稿日:2015年7月18日 更新日:

「大学の道は、明徳を明らかにするに在り、民を親しむるに在り、至善に止まるに在り。」
これは「大学」ので最初の書き出しだ。

大変意味深い言葉で一つづつにも多くの学ぶべきものがあるが、
特に「善」に至り止まる。「止至善」が自らの目標であり、自らの修身である。

大人になるまでに両親や先生、友達から教わったことは判断は「良心」であり、行動は「努力」だ。
この二つに尽きる。

ところが。社会人になると善行を貫こうとしても貫けない。
若き体験の少ない時は、駆け引きや強引な私利私欲の意地悪い人に押し流されてしまいがちになった。

いろんな人から要領よく生きることを進められる。
しかし、それは本心ではないと感じていたがはっきりした信念がなかった。

だからと言って、善ばかり行ったのでなく、
小市民の私は小さなうそもついたし、
悪びれたことにあこがれてグレたりもした。
反省しなければならないことが多くある。

安岡正篤さんは「善人よ強くなれ」という一文を残しているので紹介する。

「善人に、この際最も大事なことは、善柔・善弱。善怯(きょう)でなくて、
善にして且つ強くなければならない。
パスカルは『正義が強いか、強いものが正義か、正しいものが強くなるか、
強いものが正しくなるか、より他に人間は救われない』
と言っておりますが、救われるためにはどうしても善人が強くなければいけません。
強くなるためには、感情的。感傷的にならずに線が太くならなければいけません」

善人が強くなることは納得だ。

この文章からは細いものが太くなるように感じる。
私なりの解釈ではもともとの線は変わりませんが、
『私心』をなくすことで太くなったと感じることだと考えている。

しかし、なかなか簡単には『私心』を無くせませんが、
中村天風さんは上手い方法を教えてくれている。

「お風呂に入って肉体の垢、汚れを取るように、
毎晩眠りに着く前に、心の垢、汚れを取る。
心の中のお掃除習慣をつける。」

こんな風に実践方法を教えてるのだ。
世の中がみんな善人ばかりでもなく、みんな悪人ばかりでもないが、
同じ人間が時には『私心』ばかりで利己心を信じきった言動をすることがある。

この毒にあたると自分が間違ってるのと迷いだすこともあるし、
毒を食べて善弱を引き起こすことになるのも人間として必然だ。
だからこそ方法論として、毎日心の垢を取るのだ肉体の垢の汚れを取るように!

「大学」を始め古典から学ぶことは多いが、自分で実践しなければ身に付かない。
クイズ番組ではないが知ってるだけでは「活学」とは言わない。
実践に生かしてこその学びである。

皆さんは学び如何に実践されていますか?

大阪石材社長ブログ

2021/04/11

「楽天知命、故不憂」に思う

「楽天知命、故不憂」は『易経』の中にある一文だ。意味=天を楽しみ命を知る。故に憂いなし。『辞海』という辞書によると天と命 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/09

「知識労働者」こそ付加価値を産む

1969年の「断絶の時代」という著書の中でドラッカーは情報化社会の働き方が大きく変わることを予言していた。日本は1970 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/05

「母親の口癖」に思う

昭和20年代後半の私が幼稚園に行くまでは、少し悪いことをすると母親は「お父さんに言うよ」と言ったものだ。戦争帰りの親父は ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/03

「中道」に思う

「八不中道(はっぷちゅうどう)」という言葉が竜樹(りゅうじゅ)の「中論」にある。また「三論」にも書かれている。「中論」の ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/30

「寺子屋経営」の時代が来た

戦後の日本経済を振り返ってみると、昭和30年代後半頃から中学卒業と同時に集団就職で上京した「金の卵」と言われた若者たちは ...

-生き方
-