折々のことば

投稿日:2015年6月17日 更新日:

大阪大学の総長を勤められた鷲田清一さんが朝日新聞に連載されているコーナーが
「折々のことば」だ。
解りやすく短い文章だが、「君はこんな行動してる」と迫ってくるような問いを感じる。

今朝は「同じ釜の飯を食う」だ。
会社=カンパニー。PANIS(パーニス)はラテン語でパンを意味する。
COMは「共」にを意味し、食料を分け合って食べる、
ひいては食いぶちを共にする意味だ。

上記の解説があって、
筆者は「会社が、国家が、もはや個人を最後まで守ってくれないだろうとの予感の中で、
いかに生き延びるかは、苦楽をともにした仲間をどれだけ持っているかにかかっている」
と結んだ。

私の10歳ぐらいのころは隣組の組織がお葬式でもみんなでやってくれ、
助け合い支えあって生きざるを得なかったが楽しかった。(みんな貧しかった)

ところが、日本も戦後の復興を果たし豊かになってくると、
欧米のライフスタイルへ変化し、五階建てのコンクリートの住居になり、
家庭電化製品で家事の手間が省け、みんなが自家用車を持つ時代になる。
一般に言う核家族化であり、さらに個人主義化していくのである。

昭和40年代は飛躍的に景気がよくなり、豊かな日本が実現するのであるが、
成長することばかり考えてきた日本が直面するのは少子高齢化の現実だ。
経済の拡大再生産ができなく縮小せざるを得ない市場の大変化が起こっている。

「同じ釜の飯を食う」仲間がいる。
お互いが依存しあう仲間でなく、立派に自立した大人の仲間である。
団塊の世代が年金生活をするには支払う人の人数が少ない事実を見れば先の保証はない。
会社はパンを分かち合う場である事は今も変わりないが、
もう一つ大事なのは自立した大人の精神を作る場でもある。
仕事を通じて苦楽をともに体験した仲間であるからこそ互いが助け合える。

「苦楽をともにした仲間をどれだけ持っているかに懸かってる」
この結びに深い意味を感じた。

皆さんは同じ釜の飯を食ってますか?

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

no image

2020/09/04

「傲慢と高慢」に思う

稲盛語録に「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」 新しいことをするには「こうありたい」と夢と希望をもって超 ...

no image

2020/09/03

「世界のパワーシフト」

世界経済はコロナウイルスによって、新しい局面を迎え、大きく変貌せざるを得ないのが実情だ。 まずは消費の在り方だ。 三蜜を ...

-生き方
-