「充電器 あったらいいな 人間用」

投稿日:2015年6月16日 更新日:

この句は第一生命が28回サラリーマン川柳の10位入選の句だ。
応募は4万138通あり、なかなか味わい深い。

若い時なら24時間走り続けたいと夢中になって仕事した。
ところが身体は睡眠と栄養補給がいる。
他に充電器がほしいと考えた。
最近は思いはあるし方法もある程度考えれる年齢になったら、
スピーディに行動できず、もどかしいという意味で充電器がほしいというところだ。

人間は身体を健常に保つのも大事だが、精神的成長も大事である。
私の好きな愛媛県の詩人坂村真民さんが個性を大事にする現代の人にメッセージをくれてる。

   「脱皮と個性」

「個性というのは脱皮することによって、その濃度を増してゆくものである。
それを家庭でも学校でも教えなくなった。
それが今の日本である。
私が宗教が大切だというのは。このことを言いたいからである。
宗教とは脱皮、解脱のことなのである。
かっての彼と今の彼とは、別人のようである。
そしてそれによって面(顔)も一変してくる。
私はそういう人を何人か知ってる。」

個性教育とは自分の意見をはっきり言うことだけでなく、
他人の意見を素直に受け入れることでもある。
キリスト教でも「右のほほを打たれたら左のほほを・・・・・・」と受け入れる勇気を教えてる。
荘子は「無用の用」について解き、事実を100%受け入れて人生の山坂を蛇のように歩めと教える。

個性は脱皮からできるなら自分の都合は二番にして、
山坂の現実を100%受け入れ解決するプロセスの中にできる。
素直に現実に向き合えば、蛇のように脱皮を繰り返し個性ある顔を造るに違いない。

良寛(1758~1831年)も現実に向き合えと文政11年の三条大地震のとき、
与板の山田杜皐(とこう)宛に書いた手紙の文章。

「地震は信に大変に候、野僧草庵は何事もなく
親類中、死人もなく、めでたく存知候
うちつけにしなばしなずてながらえて
かかるうきめを見るがわびしき」

「災難に逢う時節には災難に逢うがよろしい候
死ぬる時節には死ぬるがよろしく候
これ災難をのがるる妙法にて候」

最初の段では私みたいに気楽に生きてるものが死なず、
こんな事件を見聞きしわびしいと心痛めてる様子の言葉。
下段は現実を100%受け入れ「今に生きよ」と励ます禅独特の言い回しだ。
二度とない人生悔いのない今を歩む。

皆さんはこの句いかが読みますか?

大阪石材社長ブログ

2021/04/11

「楽天知命、故不憂」に思う

「楽天知命、故不憂」は『易経』の中にある一文だ。意味=天を楽しみ命を知る。故に憂いなし。『辞海』という辞書によると天と命 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/09

「知識労働者」こそ付加価値を産む

1969年の「断絶の時代」という著書の中でドラッカーは情報化社会の働き方が大きく変わることを予言していた。日本は1970 ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/05

「母親の口癖」に思う

昭和20年代後半の私が幼稚園に行くまでは、少し悪いことをすると母親は「お父さんに言うよ」と言ったものだ。戦争帰りの親父は ...

大阪石材社長ブログ

2021/04/03

「中道」に思う

「八不中道(はっぷちゅうどう)」という言葉が竜樹(りゅうじゅ)の「中論」にある。また「三論」にも書かれている。「中論」の ...

大阪石材社長ブログ

2021/03/30

「寺子屋経営」の時代が来た

戦後の日本経済を振り返ってみると、昭和30年代後半頃から中学卒業と同時に集団就職で上京した「金の卵」と言われた若者たちは ...

-生き方
-