月命日のお参り

投稿日:2012年9月27日 更新日:

20日は父親の月命日で、毎月旦那寺の西本願寺の西願寺の住職さんがきてくれる。
住職は80歳ぐらいになるので若住職と交代ぐらいになっているのが現状だ。

今まで父親と兄が仏事を行っていて、二人がなくなってからは母が月命日のお参りを行っていた。
認知症になって実家で生活が無理になって三年になるが、
私が毎月御住職を向かえ、お参りをしてもらうようになった。
仏事は行っていたが、宗派の考え方を詳しく知らなかった。

昨日、浄土真宗本願寺派・総長の橘 正信さんの話しを聞く機会があった。
阿弥陀如来になるまでは法蔵菩薩として四十八願をたてられ修行されていた。
四十八願をすべて実行され如来となり、この世でわれわれを救ってくださると話された。

「南無阿弥陀仏」を唱える念仏によって救われる他力本願の教えだ。
自力本願は修行がいるが、他力本願は身も心も阿弥陀さんに任せるだけで楽なようだが、
「自力作善」を自主的にするそうだが、身も心も阿弥陀さんにお預ける善行をする。

自分には意志があるので、丸投げはなかなか出来ないのが凡夫の私だ。
他力本願とはいえ、自力で任しきり信じきるには自力がいる。

一方、禅宗のように「只管打座」は自力で修行するように思うが、
坐禅も師匠が警作をもって見守ってくれ導びき、
禅問答もしてくれるのだから他力本願(師匠に頼る)ではなかろうか!

さて、総長の話しは聖徳太子の「世間虚仮 唯仏是真」(世間は仮の姿で仏の世界が真実だ)
という話しで、人生には依りどころがいるという話しを続けられた。

お金を依り所にする人も、地位や名誉を依りどころにしたり、
自分の価値判断(私意)をよりどころにしたり、
自分の好きなことすることを依りどころにする人もいるが、
一様にみんな病気になるので、お金も地位も、自分の価値も役にはたたない。

心身を「阿弥陀仏」という仏を依りどころにすることで、
「心身安楽」を得れると締めくくられた。

仏の教えは人間界の教えではない、
衆生とは命あるもので動物や植物、鉱物もいる命レベルのことを言う教えであり、
人間の分別のモノサシを捨て、仏のモノサシに心身を任せる教えだと解かれた。

みなさんのモノサシはどんなモノサシですか?

no image

2020/07/06

言葉の裏に行動がある

「致知」8月号に西村恵信先生の対談が掲載されている。 先日、恩師のお墓参りで興福寺にいって先生と話したところだった。 鈴 ...

no image

2020/06/26

「生物学的幸福感」について

時間があれば本屋さんに行くことにしてる。読みはしないが今どんな本が出されているのかを眺めることで、 時流が解るというか、 ...

no image

2020/06/25

「天上天下 唯我独尊」「三界皆苦 吾当安此」

お釈迦さんが生まれて七歩歩いて行ったという言葉が「天上天下 唯我独尊 三界皆苦 吾当安此」である。 バラモン教が支配的だ ...

no image

2020/06/24

「自己変革」し続けることが会社を持続的に発展させる

石材業界は建築や墓石、記念碑に庭の仕事を入れても5000億市場である。 その市場も墓地不足といわれた時期から比べると半減 ...

no image

2020/06/22

日々新たに

今朝(6月21日朝)、少し早く起きたので5時から始まるNHKの「心の時代」を見た。 臨済宗妙心寺派の正眼寺の山川宗玄老師 ...

-生き方
-