「浄楽我常」ではないのが現実

投稿日:2015年5月3日 更新日:

毎年4月入社の社内研修が終われば歓迎会が恒例になってる。
バーベキューパーティーで新人の出しものが披露される。

今年は仮装や一発芸がなされて楽しませてくれた。
新しいフレッシュな新入社員を見ていて希望と可能性に満ちた溌溂さを感じる。

さて、40年近く経営をやってきて10年単位で振り返ってみると、
いろんなことが走馬灯のように思い出される。

社内研修の先生になるのが先輩社員で、
それぞれがテーマに沿っての座学で講義形式になってる。
一番最後の講座が私の講座だったので、
「誰の話が印象的か?」聞いてみたら、全員がM先輩の話だというのである。
具体的で面白おかしく話してくれたというのである。

そこで、私も創業当時のエピソードを交え具体的な出来事を話す事にした。
苦労話になるのは面白くないので、
当時の不安な気持ちをバネとして無我夢中だったありのままの自分を語った。

話していて、ほんとに毎年毎年いろんなことが起こり、
ただひたすら現実に真正面から体当たりしてきただけだと気づいた。

自分の思いは「浄楽我常」を求めているのに、
現実は逆で、世の中を生きるために行動したら「不浄、苦、無我、無常」にぶつかり、
決して「安楽」で「立命」な心定まった状態にならない。
迷い、苦しみ「えいやー」とぶつかって行くしかない。
答えを解ってるわけではない。
自分が納得しているわけでもない。
「不安」が原動力になって、行動できたのが事実だ。

御釈迦さんはこの事実を伝えたかったんですね。
「なりたい」という思いと今の現実は反対だと悟れと言いたかったんですね。
さすれば、現実を理想な状態にするにはどうするかということになる。

これにも答えをくれているんですね。
二つあります。
1.「自灯明」「法灯明」自分に頼れ、私のといた法に頼れ。
2.「智慧」と「慈悲」自分で知恵絞って考え、
自分を大切にして他人の悲しみを自分の悲しみにして利他行しろ。

誰でも理屈はわかるんですが、
まず自分の欲を果たしてからと利己心が一番になるのが普通だ。
しかし、事実を素直に受け入れたほうが「不安」はなくなるのも事実だ。

皆さんは現実を「不浄、苦、無我、無常」と受け入れられますか?

no image

2020/07/06

言葉の裏に行動がある

「致知」8月号に西村恵信先生の対談が掲載されている。 先日、恩師のお墓参りで興福寺にいって先生と話したところだった。 鈴 ...

no image

2020/06/26

「生物学的幸福感」について

時間があれば本屋さんに行くことにしてる。読みはしないが今どんな本が出されているのかを眺めることで、 時流が解るというか、 ...

no image

2020/06/25

「天上天下 唯我独尊」「三界皆苦 吾当安此」

お釈迦さんが生まれて七歩歩いて行ったという言葉が「天上天下 唯我独尊 三界皆苦 吾当安此」である。 バラモン教が支配的だ ...

no image

2020/06/24

「自己変革」し続けることが会社を持続的に発展させる

石材業界は建築や墓石、記念碑に庭の仕事を入れても5000億市場である。 その市場も墓地不足といわれた時期から比べると半減 ...

no image

2020/06/22

日々新たに

今朝(6月21日朝)、少し早く起きたので5時から始まるNHKの「心の時代」を見た。 臨済宗妙心寺派の正眼寺の山川宗玄老師 ...

-生き方
-