まじめな人からまともな人へ

投稿日:2015年4月14日 更新日:

脳科学者の茂木健一郎さんの言葉に、
「最良の創造性は、自分の理想を笑う余裕の中から生まれてくる」

この言葉のもつ意味の現実性は儒教的な「中庸」を体現することだ。
脳で理性を使って真ん中を探し、半分づつと考えるのでは「中庸」の具体性ではない。
理性はあくまでも道具であり、現実の創造性の手段に過ぎないからだ。

人類の最先端の問題を扱う会議がカナダのバンクーバーで開かれ、
茂木さんがその会議に参加し、会議のやり方に感動して「自分の理想を笑う」とまとめられた。

TEDカンファレンスは「広げるに値するアイデア」がスローガンの、
技術、エンターテイメント、デザインの頭文字をとった国際会議だ。

創造的エネルギーを保つために「表の会議」は真剣に理想やアイデアを出し合うが、
「裏の会議」として振り返りのセッションをする。
ここが重要で、ユーモラスに、愛情もって辛辣に全体像を振り返る。
スピーチを茶化したり政治的問題の批評したりして客席を笑いに包み込むのである。

こんな会議が行われたとある雑誌に掲載されていた。
実に具体的で、示唆に富んでいる。

易経で「時中」という言葉がある。
「中」は的中などのように、「ドンぴしゃり」といった意味を言う。
従来はこれは主観的なもので科学的でないし、
誰にでもできるものでないと深く考えられなかった。
個人的な特殊な芸として扱われてきた。

ところがこの会議では集団が一丸となって自分の理想を笑いに変えることで「中庸」を体験するのだ。
最近弊社で流行している言葉がある。
「まじめの反対は不まじめではない、まともだ。」
将に、熱い情熱は行動の原動力であるが、行き過ぎると独善的に陥る。
そんな時「自分の理想を笑う」ことができるのが「まともな人」に違いない。

皆さんは自分の理想を笑いますか?

no image

2020/05/25

プリズンドックプロジェクト

アメリカの18歳から25才の殺人や殺人未遂の重犯罪者の再犯防止のプログラムだ。 再犯率は40%あり、更生者を増やすのが目 ...

no image

2020/05/19

一円に人は納まる

二宮金次郎(尊徳)は小田原藩の武士にまでなる人物になるのは、 薪を担いで本を読む石像が小学校にある。本は「大学」を読んで ...

no image

2020/05/18

「疫病」は人間の意識を変える力がある。

祇園祭と言えば夏の京都の三大祭りの一つであるが、これは869年インフルエンザが流行し、 それは御霊のせいだということで御 ...

no image

2020/05/15

コロナウイルスが教える「哲学の地動説」

コロナウイルスが教える「哲学の地動説」 マルクスの唯物弁証法と唯物史観からの脱却の時期が来た。言い換えると個人主義と集団 ...

no image

2020/05/14

共生社会の時代へ

コロナウイルスで世界はいまだにイデオロギー論争をしてお互いのエゴ(利己心)をむき出しにしているのが現状だ。 自由と民主主 ...

-生き方
-