幸せと天才

投稿日:2015年4月13日 更新日:

二度とない人生は誰でもわかってることだ。
「幸せになりたい」のも誰でもわかってることだ。

具体的にどうしたらなれるか考える人はたくさんいる。
しかし、実行する人は少ない。

甲本ヒロトは「幸せを手に入れるのでない、幸せを感じる心を手に入れる。」
幸せの形はみんな違うが、いつも幸せを感じる心があれば幸せだ。
不幸な人は不幸を感じる心を手に入れたのだ。

誰しも自己実現したい欲求はある。
考えたことを実現させたいのだ。

野球界の伝説の巨人軍の故川上哲治さんが天才について、

天才=「努力する能力のある人」
本当に運を良くしたいと思えば努力する以外にない。

私のような凡人は、
「努力しないで楽して幸せになることばかり考えてる」
これでは頭の使い方間違っているようだ。
努力の具体性を自分にあった方法、考え実行して積み重ね自己実現を楽しむしかない。

楽して幸せが手に入ったとしたら、簡単すぎて幸せに涙も出ないに違いない。

皆さんはこの二人の弁どう感じます?

no image

2020/09/22

「心を動かす」から感動する。

仕事通じて学ぶことがいっぱいある。仕事を創造していくことが楽しい。仕事を発展させることは同時に自己の成長に繋がるからだ。 ...

no image

2020/09/20

「意気色空を貫く」に思う

この言葉は友人の結婚式の寄せ書きに恩師の小田切先生が書かれた言葉だ。 当時は29歳で全く意味が解らなかった。「意」とは意 ...

no image

2020/09/18

「義理の兄の死」に思うこと

9月16日に、午前3時ごろ病院で息を引き取ったと夕方にメールが来た。 癌で闘病していて、放射線や薬の投与も受けていたが、 ...

no image

2020/09/12

資本と労働が一体化する「知価革命の時代」がやってきた

1990年6月に発行された「知価革命」という書籍で堺屋太一さんが30年前に言っておられた言葉だ。大量化・大型化・高速化の ...

no image

2020/09/10

「生老病死」を乗り越え、さらに苦からの解放へ

2010年頃、Googleが発信元となりシリコンバレーで「マインドフルネス瞑想」というものが企業でも取り入れられ盛んにな ...

-生き方
-