幸せと天才

投稿日:2015年4月13日 更新日:

二度とない人生は誰でもわかってることだ。
「幸せになりたい」のも誰でもわかってることだ。

具体的にどうしたらなれるか考える人はたくさんいる。
しかし、実行する人は少ない。

甲本ヒロトは「幸せを手に入れるのでない、幸せを感じる心を手に入れる。」
幸せの形はみんな違うが、いつも幸せを感じる心があれば幸せだ。
不幸な人は不幸を感じる心を手に入れたのだ。

誰しも自己実現したい欲求はある。
考えたことを実現させたいのだ。

野球界の伝説の巨人軍の故川上哲治さんが天才について、

天才=「努力する能力のある人」
本当に運を良くしたいと思えば努力する以外にない。

私のような凡人は、
「努力しないで楽して幸せになることばかり考えてる」
これでは頭の使い方間違っているようだ。
努力の具体性を自分にあった方法、考え実行して積み重ね自己実現を楽しむしかない。

楽して幸せが手に入ったとしたら、簡単すぎて幸せに涙も出ないに違いない。

皆さんはこの二人の弁どう感じます?

no image

2020/11/27

「自由主義」は自分を磨け羽ばたける社会

「武士道」を書いたのは新渡戸稲造だ。日本人の文化であり、人間形成の『道の精神』を世界に示そうとした書でもある。アメリカの ...

no image

2020/11/24

「コロナが教える日本の民主主義」に思う

アメリカの民主主義で憲法が保障しているのは法による個人の自由である。コロナウイルスが世界中で拡大している中で、欧米では方 ...

no image

2020/11/20

「人間力を高める」

相撲の世界では横綱になるには「心技体」を鍛えることを諭す、教育の視点では心は「知情意」の三方を自ら鍛え高めて人間力を高め ...

no image

2020/11/19

「我」について

インドでは「我」のことをアートマンと呼んでいる。この「我」を全面否定したのがお釈迦様である。「我」とはエゴのことであり、 ...

no image

2020/11/15

「東洋的な自由」

トランプ大統領が敗北宣言をしないのは「自由」に対しての考え方が法による自由だからである。 世界で初めて共和国を創ったのは ...

-生き方
-